2010年02月28日

お泊り

土曜日の夜は私と子供達と、お友達のお家にお泊りでした。

otomari.jpg

家中の壁の塗りなおしを土曜日にすることになり、たぶんその日は匂いがきつくて子供達が寝るのは無理かな、と思って、友達の家にお世話になることにしたのです。窓を全開にしておかないといけないので、夫とうちの番犬はお留守番。寝袋にくるまって仲良く寝たそうです。

お友達には家族3人で押しかけて相当な無理をお願いしたワケですが、実はと〜っても楽しんでしまった私たち。ギョロもお友達と一緒のベッドで寝て(夜中泣いて私のほうに来たけど)、お友達に本を読んでもらって、一緒にハロウィンのコスチュームでファッションショーをして、全く手がかかりませんでした。ハッチのほうは泣いたりしてたんだけど、それもお昼寝時間近くになって眠かったからだし。私は子供達をさっさと9時に寝かせて、お友達夫婦とオリンピックを復習しながらいろ〜んな話ができたし、こういうのもたまにはいいな、なんて。また泊まりにきたりして(笑)。

家の壁のほうはビスクという、いわばアイボリーみたいな色を一面に塗ったのですが、狭い家にはこういうのが一番いいのかもね。以前の黄色と緑よりもぐんと広く見えます。ただ白一色はやっぱりつまらない気がして、私好みではないかな(笑)。事情が家を売りに出すことにしたので、万人受けするというビスクにしたのです。プロと近所の家を立てていたメキシコ人と両方見積もってもらったのですが、メキシコ人たちのほうがなんと半額。腕のほうに不安が残るところでしたが、夫がしっかり監督することにしてメキシコ人グループにお願い。最初は2人で来る〜、なんて言ってたのに、実際来たのはなんと7人!ただでさえもちょっとしか払ってないのに、分け前相当少ないですよね。そして腕のほうも夫なんかよりもずっと上手(笑)。だってね、彼らは私たちの家を立てて、ペンキを塗った張本人たちなのだから。本職の彼らは道具なんかも持参してくれて、助かりました。

家、売れるといいな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

幼稚園のオリエンテーション

4月からギョロが通う日本の幼稚園のオリエンテーションに行ってきました。

夫はペンキ塗りで忙しかったので、私は友達に一緒にきてもらって、子供達を近くで見ててもらって、私はオリエンテーションに集中、、、するはずだったのだけど、特にハッチに関してはやはり私の手をわずらわせる結果に。おかげでオリエンテーションは6割くらいしか集中できなかったけど、さすが母国語。きっとほぼ理解しましたよ。これが英語だったら半分といったところでしょうか。

しかし、、、日本人の団体に慣れていない私なので、緊張。初めての人と何話していいか分からないし、自己紹介とかも本当にやんなる〜。そう見られないのが更に困る〜。

と、英語でのパーティーが嫌いとか言ってる私だけど、言語問わず大きな集まりが苦手なのでありました。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 12:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

浅田真央に学ぶ

オリンピックでの彼女の活躍、目覚しいものでしたね。オリンピックってのはどうしても愛国心をかきたてるもので、日本人選手が活躍するのは本当に嬉しいね。

私が彼女がすごいな〜、と思うのは、技術そのものももちろんそうだけど、プレッシャーに打ち勝つ精神力。これは真央ちゃんだけじゃなくて、キム・ヨナも他の国の選手もそうだし、国中の期待を背負って何億人が見守る中、平常心で演技をするってのが、本当にすごい。私なんかクライアントとの数人のミーティングでさえも手に汗にぎって緊張してるっつーのに。

思うに、こういうのってマインドコントロールが必要なのかな、と。真央ちゃんもキム・ヨナも「今はとても状態」とか「自信があった」とか、言っていたでしょ?私はこの辺の気持ちの持ち方がネガティブなので、自分の中で最善を尽くしたと思っても、「全然ダメ〜」というタイプ。でもそれじゃいけないのかな、なんて。

私は才能がある。知識も充分ある。体調も最高。必ず勝つ。その状態が頭に浮かぶ。こういうイメージトレーニングを繰り返すから、周りのプレッシャーやライバルの演技に左右されずに自分の力を出し切れるんだよね。真央ちゃんなんて演技をするのが楽しみ、なんて言ってたでしょ?私なんて数人のミーティングが数日前から憂鬱なのに。

うちの夫もよく言うのです。出来ないと思ったら、絶対に出来ないよ。必ず目標を叶えるって自分に言い聞かせて突き進まないと成功なんてしないよ、と。分かるよ。分かるんだけど、どう言い聞かせるかが問題なのであって。

でも19歳の真央ちゃんにできて、その倍近く年齢を重ねてしまった私にできないなんてことはないはず。成功をイメージして、成功が必ず待ってると潜在意識に植えつけて、夢に向かえれば、よい人生だろうな〜と思います。頭ではしっかり分かっております。

人生で夢があるのではなくて、夢が人生を作る、と先日とあるポッドキャストでどこかのソフトボールチームの監督が言ってましたが、オリンピックで活躍する選手を見てその言葉を更に意識しました。ありきたりな言い方ですが、一度きりの人生だからこそ、どうせならそういう目的意識にあふれたものにしたいな、と思います。といろいろ感化されたバンクーバーオリンピックでした。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

飛行機が飛ばない!?

NYはスノーストーム。そして予想通り私が帰宅する日の午後7時のフライトはキャンセルになりました。ほら来た、めんどくさいのが。だから冬の出張はイヤなんだ。

snow_ny.jpg

とりあえず午後2時のフライトに予約しなおしました。4時半ってのもあったんだけど、もしこの4時半も飛ばなくなったら今日中に家に帰れないってことだからね。絶対にギョロとハッチの寝顔を今日中に見るんだから!

このクソ忙しいときに仕事を12時に出るなんて悪いな、なんて思いつつPMにその旨を伝えたら、彼はなんと朝10時に出るというじゃないの。なんだそりゃ!私も朝一の飛行機にすりゃよかったよ!

タクシーはなかなかつかまらず路上で途方に暮れること30分。さみ〜。ようやくつかまえて空港へ着きいましたが、遅れが重なり、待つこと3時間半。どれだけ待ってもいいから、とりあえず離陸だけはしてくれ、と願う私。

ようやく機内に乗り込むと、まずはDeicing。そして滑走路へ。ところが滑走路の雪かきがなかなか進まず待ってる間にまた機体が凍り、Deicingをしにゲートへ戻る。そんなことを繰り返してるうちにアナウンスが。「スタンドバイで搭乗した10人の方は降りてください。安全上のため重量制限があります」とのこと!6年間出張のある仕事をしていますが、こんなのは初めて!思わず噴出しちゃいましたよ(←自分が降ろされる側じゃなかったし)。こんなのあり?

またしばらくして、空港は今シャットダウンするのだけど、今ゲートにいる数体の飛行機は離陸させます、と。やった〜!

というわけで夜無事に帰宅。寝る前の子供達にも会えました。来週もまた出張なのですが、雪・風・雨はありませんように!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

Peasant

今日はお友達とイタリアンを食べに行きました。NYCに来ると大抵日本食を食べに行くのですが、今回は何となくパスタ気分だったので、彼女のおすすめのリトルイタリーにあるこのお店。

peasant.jpg

店内は平日なのにけっこうな混みよう!予約がないとかなり待つんじゃないかな。メニューは予想外におもしろかったのでちょっとご紹介。

げてもの系を多く置いてあるお店で、普段目にしない食材を多く使っています。たとえばベイビーオクトパスやウニなど、日本人なら慣れたものだけど一般のアメリカ人には見慣れないものを始め、うずらとか、牛の胃とか、ウサギとか、ひよことか、子豚とか、鳩とか、でかい貝とか、私の住むエリア(小田舎)のアメリカ人だったら腰抜かすようなものばかり。そしてこういう英語は普段使わないので、メニューを見ても何が何だか分からずアイフォンの辞書片手に「え〜、鳩だって!」と驚きの連続。私たちが選んだのはレビューで評価の高かったベイビーオクトパスとビーフのトライプ(胃)の前菜、そしてウニパスタ、メインは鳩(!)のグリルにしました。こういうげてものって話題性はあっても味はいまいちかもって思ってたんですけど、、、それが嬉しく予想を裏切ってすっご〜くおいしかった!ビーフのトライプなんてトマトとチーズでグラタンみたくなっていて、中華料理で普通に炒めたり蒸したりして出てくるのは何度も目にするけど、グラタンは想像もしていませんでした。でもこれがホント予想外にめちゃめちゃ合うんですよ〜。鳩だってクセは確かにあるんだけど、それをうまく生かして濃い目の味つけで焼き付けてあって奥深い味に仕上がっているし。このお店はちゃんと火で焚く大きな釜が有名だそうで、そこで焼いたであろう前菜やグリルはなかなかの目玉じゃないかな。

NYCはそこそこおいしいレストランは多くて、でも出張で来たら毎回違うお店に行きたいな、と思う私ですが、このお店に至ってはリピートありです。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 02:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本食レストラン in NYC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

間違えて航空券を予約

今週はまた出張。いつもどおり月曜日の便を予約しようとすると、直前だったせいか朝9時半の飛行機のみが残っていて、しかも残席は2つのみ。いつもの金額の2倍以上したのだけど、なくなったらまずいと思って急いで予約しました。そして日曜日の夜にいつもどおりウェブ上でチェックインしようとすると、、、なんと私ったら月曜日の朝じゃなくて夜9時半の便を予約していました。6年間出張ばかりの仕事をしていますが、こんなミスは初めて。体調が優れなくてぼーっとして疲れていたからって言い訳も、最後の1便だからよく確かめずに急いでた(しかも9時半って聞くと朝ってイメージがあったし)という言い訳もありますが、これは完全に私の失敗。月曜日の便はもちろんどれもあいていないので、火曜日の朝に出ることにしました。あちゃ〜、やってしまった。

今のプロジェクトはとにかく緊張感の多いもので、どうせ出張行くならまとめて一週間みっちりめんどくさい仕事を終わらせたかったのに、予定が狂っちゃったな。

余裕のない生活を送っているとかえって効率が悪いよい例でしたね。先月からずっと風邪をこじらせていて、肺炎の薬を飲んだり、咳と鼻がますます悪化したりと、100%どころか50%もないのに仕事も休まず、もちろん育児も休まず、まぁたいした家事はしてないけど毎日のご飯作りをサボることもせず。それは見上げた姿勢だとは自分でも思うんだけど(笑)、結局仕事もはかどらないし、失敗も多いし、ここで3日間とか覚悟を決めて寝たきりの生活を送ったりしたら、無意味にこじらせている風邪も治るんだろうな〜、と。仕事はもちろん休もうと思えば休めるんだけど、今年は(3年ぶりの!)バケーションを考えているので、有休は無意味に使いたくない。。。って全然無意味じゃないんだけどね。

でもきっと私にはこの生活が合っている。家でのんびり暮らす生活は、普段忙しいからこそ憧れるけど、きっとこれがエンドレスだったら飽きるし、私の性格上いろんな意味で不安になると思います。だから今日も私は出張です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

ミーティングと頭痛の関係

今日はミーティングを5つもこなしました!げそーり。

sushi_201002.jpg

私はしたっぱなので、あまりミーティングが連ちゃんで入ることはありません。ミーティングと言うか、小さなグループで話し合いみたいなのはよくあるけど、こうクライアントとのでかいミーティングで、私の言う一言一言が後々たたかれる材料になる系のミーティングは少ない。今日はそんなミーティングが5つのうち3つでした。

そうするとどういうことになるというと、、、すごい頭痛に見舞われます。頭がぐらぐらして、吐き気がして、目もあけていられないほどの痛み。立っていられないほどのショック。極度の緊張が続くとこうなるんですけど、これって異常?

一日ミーティングをはしごするPMなんて、とてもじゃないけど無理な話だな〜と思うのはこういうとき。英語のミーティングのほうが集中しなきゃいけないから疲労度は全然高いんだけど、日本語のミーティングのあともこうやって頭痛に見舞われるのかしら。

頭痛対策、リサーチ中です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

人をマネージすること

私には、私にリポートする社員が何人かいるのですが(全員インドのオフショア)、ご存知ストレスがたまります。私はプログラミング自体は好きなので、きっと仕事は何だかんだ言って合ってるんだと思いますが、こう人に何かをさせるのはとても苦手な私。

何かね、わざわざ人に長く説明するんだったら面倒だから私がやっちゃうよ、って思ってしまうのです。だから人を育てるとか私には絶対向きません。そういうことに全く興味がないもんで。で、そういう私のマネージぶりを向こうは感じ取って、それで甘えとかが生じるのかな、なんて最近思います。

私は数週間前から新しいプロジェクトに入ったのですが、それはそれは短い引継ぎを経てこのインド人たちに指示を下す役割につきました。ここ数年そういう役割なので別にそう難しいことじゃないんだけど、何せプロジェクトの細かい部分なんかはまだあやふやな私。それでも自分なりの経験を基にプロジェクトプランを立てて開発をやらせていたのだけど、どうも進みが遅い。いろいろ言い訳をする彼らに「まぁ、そんなもんなのかな?」とプランを変更してきました。

そんなときに仲良くしているオフショアのLanded(インドのオフショアなんだけど、アメリカにテンポラリーで来て働いている)の社員が教えてくれたのです。「気を悪くして欲しくないんだけど、君の部下たちはマジメに仕事していないと聞いたよ。一日の大半を遊びまわって過ごしてるらしいから、それを念頭に入れて彼らにアプローチするべきだと思う」と。。。。やられた。

信じたくないけどそうかもな〜、とは思い始めたところだったんですよ。私のような立場につく人ってビジネスよりの人と技術よりの人がいるわけ。私はこてこての技術出身なので、例えば細かいことだけど、このスクリプトを書いてAutomateするのにどのくらいかかるか、とか結構容易に予想できるのです。問題があって先に進めない、と言われて、その問題がどのくらいの規模なのか、長い間つまづくような問題なのか、とかも分かってるつもり。彼らは以前技術的にあまり強くないリードにリポートしていたので、ごまかせると思ったのかもしれません。って言うか、ごまかされてた私だけど。

彼らのうちの一人がとてもフレンドリーで、遅くまで働いているし(=オフィスに残ってオンラインになっている)、ステータスをリポートするコミュニケーションにも今までのオフショアより長けていました。で、彼は今契約社員で、いつかうちの社員になりたいので、そのときは推薦をして欲しいとお願いされていたのです。遅くまで頑張ってるしな、とOKを出した私だけど、何かそういう自分に腹がたったり。どこまでバカにされれば気が済むのか、と。もちろんいくらLandedの同僚から彼らの仕事ぶりについて報告を受けたからと言って、全く彼らの言い分を聞かずに判断するってワケじゃないけど、この数週間での手ごたえでmake senseしたな、と思ったので、きっとLandedの同僚の言うことは的を得ているはず。

どうやって彼らにアプローチしようかな、と今考え中。とりあえずマッコリ一杯。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

Happy Valentine’s Day!

ギョロと私でダディのためのクッキーを焼きました。

valentines_cookies.jpg

最近ギョロはベーキングにはまっていて、たまに一緒にクッキーを焼きます。ギョロが好きなのは卵を割るパートと成型(笑)。それ以外もかなり真剣に様子を見守っています。

ギョロの成型を見ていると、ものすご〜く丁寧で、大雑把な私とは大違い。これはダディ似ですね。このクッキーも私はスプーンで落とすだけのざっくりなタイプのクッキーが好きなのだけど、ギョロは私がスプーンから落とすたびにそれを拾って丁寧にぺたぺた丸くしていました(笑)。すみませんね、雑で。

焼きあがるまでワクワクしながら2人でオーブンをのぞきこみ、出来上がりは早速ダディへ。ダディが「おいしい!」と絶賛するとギョロの嬉しそうな顔。いや〜、ダディ、鼻の下伸びてるから。ちなみにギョロは甘いものがそう好きではないので、一口食べて「ギョロ、チョコレート好きじゃないの」と吐き出していました。この辺は私と同じ。私もチョコレートは苦手なので、ベーキングしても自分が食べることはないのです。

来年はハッチも一緒にクッキー作り参加できるかな。こういうのが夢だった私です♪とても幸せ。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

我が家でタイスキ

今日は2家族をお呼びしてタイスキ。もういい加減にしろってくらいタイスキでしかおもてなししていませんが、こりゃしょうがない。鍋が一番簡単で美味しくておもてなししやすいよね。もうちょっと暖かくなったら、これが手巻き寿司パーティーに変わるのが常。

makkoli_home.jpg

今日は近所の韓国スーパーで見つけたマッコリをあけました。去年の出張先で飲んだマッコリ、家でも飲めればいいのになんて思ってたら先月偶然近所の韓国スーパーに入荷されたみたいでまとめ買いしたのです。ちなみに今朝鍋の材料を買いにスーパーへ行ったらもう売っていませんでした。韓国人の同僚によると、最近韓国人のあいだでもマッコリは人気が再燃していて、あちこちで見かけるようになったとのこと。この田舎にもやっと登場ってことで、みんな買い占めたのかも。

お呼びした2家族ともお子さんが2人ずついて、上下それぞれがグループを作って遊べる感じで便利。特に上は女の子3人(ギョロ含めて)なので、それはそれは楽チンでしたよ。自分達でいろいろ遊びを作って静かにいろいろやってますから。逆に下は必ず誰かが泣いていたような(笑)。このグループは下のほうがこうアクティブというか手がかかるというか。

マッコリの飲みやすさのせいでがんがんボトルをあけ、お酒を普段飲まない友達までけっこう飲んでいました。楽しいね〜。次回はポットラックにして、もうちょっと多めに呼んで、ゲーム大会です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:42| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

ひきこもりの一週間

スノーストームが二度も立て続けに訪れたせいで、家族全員この狭い家にひきこもり。それはそれは苦痛でございました。

snowstorm_201002.jpg

走り回れるスペースがないってのは、小さい子供が2人もいる我が家にとっては死活問題。だって、常に自分の周りに2人ともまとわりつくわけだから。私も夫も週末は外に出たいタイプなので、それがずっと家の中ってだけで退屈なのに、プラスこの元気な子供達。いやはや。2人だけで遊べる年齢ならいいんですけどね。思いっきり親のアテンションが必要な年頃の二人。親の自由時間は全くありません。まぁ、それはしょうがない。開き直ってずっと子供達といろいろな遊びをして、それは滅多にないことなので、楽しかったです。

つらかったのが、自宅で仕事をする私の周りにまとわりつく子供達!もうこれはお互い発狂でした。私のオフィスはニューヨークにあるのですが、今回の雪は私の住むエリアのほうがひどかったので、向こうは平常どおりに仕事が進むけど、こちらは猛獣が2人。電話ミーティング中に赤子の泣き叫ぶ声と、アンパンマンのテレビの音と、もうめちゃくちゃ。事情がいまひとつ身をもって分かってないオフィスの人たちも苦笑気味(だったはず)。

私のアテンションが行き届かないので泣く子供達(特にハッチ)。それにいらっとして「今仕事してんだから、ちっとは黙れよ!」とドスを聞かせる私。もう最悪。こんなことがあってはいけないのだけど、キャパが狭い私は自分をコントロールできないのです。仕事と育児の両立を家の中でおこなうのは無理ですね。私がキャパが今の5倍に増えても無理です。そのくらい大変でした。

でも子供達もストレスたまっただろうな。昨日の午後からギョロの学校がオープンしたのですが、朝ギョロに「午後から学校行く、それともおうちで遊んでる?」って聞いたら、即座に「学校!」って。がびーん。ま、負けた。でもあんなに怒鳴ってたんだからあたりまえだよね。しかもずっとテレビ見せるか、一人でクラフトさせるか、あるいはまるっきり放置するか。それで更に反省した私でした。

どんな事情があっても、自分の感情に任せて子供に声を荒げるのは絶対にダメ。手が出ることも出そうになることも今はない私ですが、このくらいのことで感情的になってちゃ将来どうなるか分かりませんよね。

今年の目標つけたし〜。子供達に対して感情的にならない!以上!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

最近のギョロあれこれ

3歳ってすごいですね。なんだか一気に赤ちゃんから子供へなって、その成長があまりにも目覚しくて、毎日が驚きの連続!特にモンテソーリスクールへ通いだしてからは多くの刺激があるようで、いろいろ毎晩いろいろ話してくれます。

+++

ギョロの行くこのスクールはインド人経営のせいか、みんなでのダンスに使われる音楽がとてもインド。ギョロはこれをとても気に入っていて、腰をくねくねしながら毎晩ダンスを披露してくれます。どうやらダンスに目覚めたらしく、子供向け番組でダンスが始まると一生懸命真似してダンス!今までは見てるだけだったのにね。しか〜し!容姿は疑いもなくパパ似ですが、このダンスのリズム感のなさは確実にママ似。いいのよいいのよ、周りの意見に惑わされず、好きなことを続けていってね。

+++

ケイトリンがこっちにおいでって言ったの。ケイトリンが「don't worry」って言ったの、と、どうやらギョロはケイトリンによくしてもらっているよう。それでもスクールにいきたくないだの何だのちょっと駄々をこねていたので、ケイトリンに家に遊びに来たいかどうか聞いてみなよ、とアドバイス。その日に早速聞いてみたようで、返事はYes。それからはケイトリンのおかげなのか何なのか、スクールへ行きたくないと言うことはなくなりました。この雪景色にさよならする頃にケイトリンに遊びにくるようにお誘いのお手紙を入れてみるかね。

+++

マリアはシャイニカは友達だけど、ギョロは友達じゃないって言ったの。で、行っちゃったの。ギョロ、ご本読んだの。とスクールからの帰り道に教えてくれたギョロ。。。。出たな。どうしてこう女の子はこう仲間はずれとか大好きなんでしょうね。私も子供の頃こういうのがとてもつらかった思い出があります。ここは親として距離感を置きながらアドバイスを、と頭では分かってますが、、、っていうかムカつく。私のかわいいギョロちゃんを仲間はずれにするなんて(笑)!

親になったからと言って人付き合いがうまくなるわけでもなく、どちらかというと子供の頃からそう変わってはない私。こういうことに対するアドバイスがへたくそな気がします。だってどうしたらいいか分かってたら私も暗い子供時代を送ることはなかったんだし、今だってもうちょっと上手に人生歩んでるんじゃ。。。ま、しょうがない。親子で試行錯誤で学んでいきますよ。

+++

日本語での会話は普通に成り立つギョロと私ですが、やっぱりギョロの語彙不足は否めません。それでも知ってる言葉を使って一生懸命説明してくれるギョロ。「マミー、今日学校でパラタとチーズ食べたよ」と夕食時に教えてくれたギョロ。へ〜、そんな変な組み合わせのランチが出るんだ?と献立表を見て見ると、どうやらチーズケサディラのことらしい。なるほど。でも確かにパラタとチーズみたいだよね(笑)。

+++

ギョロの大好物のストリングチーズをむいてあげると、「マミー、ゴミで食べたい!」と言うではないの!ご、ごみ??よくよく聞いてみると、このプラスティックのカバーを手に持つ部分だけチーズにつけたままにして、そこを持って食べたいとのこと。全部カバーを取らないで、と言いたかったらしい。そのプラスティックのカバーを「早くこれゴミ捨てて」といつも言ってるから、ゴミって言うと思ってたんだね(笑)。夫も私も大笑い。

+++

擬音語、擬態語を教えるのは一番難しい。こういうのって一緒にいる時間が長ければ、そういうシチュエーションのたびに新しい擬音語を教えてあげられるけど、私たちは一日2時間くらいしか一緒にいれないからね。でもギョロなりに自分で考えて造語しているよう。「マミー、この紙、びざびざだよ」とか「このクッキーもびざびざ」と言うことがあるのですが、これは直線じゃないことをさしているよう。ぎざぎざを聞き間違えた?でも固い雪の上を通るときに「今ガリガリっていってるよ?」と結構正しい使い方をできることもあるので、子供の脳みそはすごいな〜とただただ感心。

+++

普段目にしているけど、名称を知らないものって結構ある。たとえばトイレのあの流すレバー、何て言いますか?ギョロがこの前「この流すもの、ミスムニラ(以前のデイケア)のと同じ!」と、とあるレストランで言ったのですが、流すものって(笑)。でも正そうにも名称が分からない私。レバーでいいの??

+++

iPhoneのアプリで子供用の神経衰弱的なゲームがあって、ギョロが暇を持て余してるとき(大雪とか)遊んでいるのですが、これが3歳児といえどもあなどれない。っていうかもう私より上手です。最初はルールが分からなかったのもあって、手取り足取り教えてあげていたのに、今となってはものすごい勢いで当てていきます。子供の記憶力ってすごいんですよ。こう自分の興味あることに対する集中力って大人以上じゃないかな。たとえばギョロがいつどこで大好きなお友達と遊んだとか、大好物のゼリーはあと何個残っているかとか、そういうことは長い間しっかりと覚えています。教えた単語は日本語英語限らずすぐ覚えて使うし、脳が退化している私とは大違い。だから子供だと思って頭ごなしに叱りつけるのではなくて、自分よりも恐らく優れている脳みそを持った一人間として接していかないといけません。

育児って大変だけど、新しい発見の連続で、子供を生む選択をして、それが叶って、本当によかったと思います。これからもこの気持ちを持ち続けるぞ!と無理やりポジ思考をアピールする私でありました。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月08日

大雪

この冬はいったいどうしちゃったのでしょうか。これでもかってくらいに雪が降りまくっていて、しかもそのたびに学校が閉鎖になるほど。雪道を運転できない私にとっては非常に住みづらいエリアでございます。今すぐにでも沖縄でリタイアしたいのであります。私の住むエリアでは30インチ(76センチ)は積もったかな。それ自体はしょうがないとして、さすが雪に慣れてないエリアだけあって、除雪がのろい!月曜日になった今日でも大通りですら除雪が中途半端でつるつるだそうです。もちろんうちの周りなんてまだまだですよ。

snowstorm_2010.jpg

金曜日は予想通り、ギョロの学校はお昼を食べた時点で閉鎖。夫もお昼で仕事を終え、子供たちを迎えに行き、家に戻ってきました。普段から家で働く私はそんなことおかまいなしに仕事、、、ともいかずいつものように子供達に邪魔されながらProductivityを激しく下げつつもなんとか夕方までお仕事。ちなみに火曜日も雪でギョロの学校は閉鎖だったので、ギョロを家で見ながら仕事をしたのでありました。ギョロのスクールは公立校なみ(かそれ以上)にお休みをするので働くママにとっては頭痛の種。バックアップのデイケアに預けると一日50ドル。我が家にとっては50ドルは大きなお金なので、頑張って両立させたのだけど、お互いイライラしてしまってよくないですね。そういうのもあって冬は大嫌い!キャパが狭い私なので、モノゴトが自分の計画したようにいかないとイライラするのです。。。いい年して。

先月Wiiを買ったのですが、これは大正解でした。土日とも雪の中子供達が狭い家の中に閉じ込められて、これといった娯楽がなかったら、親子とも大変。子供達がぎゃーぎゃー言い出したと思ったら、みんなでWii。今月はあと何度か大雪がありそうなので、新しいゲームも買っちゃおうかな、くひひ。

また明日の火曜日も6インチ(15センチ)ほどの雪が降るそうです。ありえない!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月04日

子供の病気‏

先週の私の出張中に、家族全員病魔に冒された我が家。まずはハッチが鼻風邪。そしてギョロの親指のインフェクション、そしてあげくの果てに夫が風邪。我が夫は運が悪いけど、こうやって時々しっかりとそれを証明してくれます。

ちなみにその夫の風邪は私に無事移り、私もずるずると苦しんでおります。でも峠は一晩だけで、それからは咳が苦しいくらいのことです。

今回のハッチの風邪、鼻が出て、咳も少し出始めたので、先週水曜日にデイケアを早退させて夫が病院に連れていき、木曜日はお休み、金曜日はドクターからのOKノートをもらってデイケアに戻りました。そして本日日曜日にハッチのホームデイケアから電話があり、そこの娘さんが高熱なのでデイケアを月曜日に閉めるとのこと。それはよいのです。バックアップのデイケアはもう用意してあるので(以前お世話になったデイケア)、そこへ連絡すればいいだけですから。問題はそのホームデイケアからのEメール。

ハッチは鼻と咳が出ていて、週末に私の娘ともう一人の生徒が高熱になったので、今後はそういう風邪の病状があるときは連れてこないでください、と。

いや〜、すみませんね。移しちゃいましたか。でもハッチの場合は熱もなかったから違う風邪じゃないかな〜とも思うんだけど、まぁそれは置いといて。でもですね、鼻水でたくらいで仕事休んでこもりしてたら速攻クビですよ。そんなことが許される会社ってあるんでしょうか?そりゃ、娘さんが風邪移されて高熱で苦しむのを見てアップセットする気持ちは同じ親として分かるけど、でもビジネスとしてお金をもらってデイケアをやっているんだから、その辺は契約書にあるとおりに熱が100度以上出たらダメっていうルールに従ってほしいもの。こっちもそれを信じて行動しているわけですから。

というわけでデイケア探しをまた一からやり直しして(疲)、ハッチは数日後から新しいデイケアに通い始めました。私や夫も大変だったけど、それより何よりかわいそうなのがハッチ。ただでさえも先週ずっと新しいデイケアで号泣だったハッチ。新しいデイケアが見つかるまでのあいだ、今回のデイケアに入る前のデイケアへ戻ってまた混乱して泣いていたし。そして極めツケはウェイティングリストにいれてるモンテソーリスクールに空きが出たらまたすぐそっちに移ることになるし。繊細なハッチにはあまりにもつらい仕打ち。かわいそうでかわいそうで、ママンの心は泣いています。

ワーキングママでいることそのものは、そう大変なことではありません。ただやっぱり子供が病気になったとき、子供の学校で何か問題がおこったとき、そういうときにどうやってうまく素早く立ち回るか、技量が問われるところです。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 次女ハッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

カフェテリア

日本で言う社食、ですかね。ハケン社員として大きな会社で働いてたときにはたまに利用していました。でもまずいと悪評高かったので、あまり行かなかったかな。まぁ、今考えれば、それでも今の私からしたらものすごーく美味しかったんですけどね。日本の食文化はレベルはこちらとは比べ物になりません。

office.jpg

私の働くクライアント先にもカフェテリアがあります。サラダセクション(具を選んでおばちゃんが混ぜてくれる)、チャイニーズ、ピザ、アメリカン(マッシュポテトとかフライドチキンとか)、などいろいろあって、好きなセクションに行って、お皿にもりつけてもらう感じ。今まで4社ほどクライアントを回りましたが、みんなこんな感じでした。お味のほうはですね、けっこうやばい感じでまずいです(笑)。だから私が天気が悪かったりしてどうしても外に出たくないときなんかにカフェテリアに行ったときは必ずサラダとチップス。唯一普通に食べれるご飯です。

ちなみにお弁当を持ってくる人もけっこういて、インド人は特に大多数がお弁当じゃないかな。私も出張じゃなかったら前の日の残りをつめたお弁当にするかも。夫のお弁当もそんな感じでつめてあげてるし。

今回は日本のデリ、ザイヤでランチボックスなんかをみんなで買ってきて、カフェテリアに持ち込んで食べてました。ザイヤは安いから、カフェテリアで買うのと変わらない金額で、比べ物にならないくらいおいしいご飯が食べられますよ。カフェテリア側にしたらとんだ迷惑でしょうが、怒られたりしなかったから、問題ないのでしょう。

やっぱり自宅から働くのは限界かな。こうやってみんなでランチをするだけでもいろいろな情報が入ってくるし、何よりも楽しいもの。そろそろ重い腰あげて職探しかな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。