2010年04月28日

海外に住む覚悟

先週、身内に不幸があり、がっくりきていました。

私の人生である意味とても大きな意味を持つ祖母だったので、もう会えないのかと思うとそれはそれは寂しくて。もちろん私は日本に毎年帰れるワケでもないので、実際会えるのは数年に一度なのだけど、会おうと思えばいつでも会えるって思って生活しているのと、二度と会えないって思うのとでは同じ会わないでも全然受け止めかたが違うものです。現に私は数ヶ月後に3年ぶりの里帰りが待っているので、もうすぐひ孫と孫のセットで会いに行くつもりでいたものだから、その意気込みをどこへぶつければいいのやら。

こういうときに何かしらの宗教を信じていれば、こう悲しみをうまく方向転換させて乗り越えていくのでしょうが、無宗教な私はつらい。神様の元に行ったとか、天国とか、そういうのワケ分かんないし。どこだよそれ、誰だよそれ、見たことあんのかよ。

それと出張中だった私を気遣ってか、親は私にこのニュースを知らせず、私が知ったのは告別式も終わったあとだったもので、更にぽっかり感が強いのですよ。だってプロセスする時間も経緯も全くなかったワケだから。顔を見て、お葬式に出席して泣いて、親戚と故人の思い出話に花を咲かせ、そういうのを経て人は徐々に気持ちを処理していくものでしょう。

暗い話になりますが、きっと私の両親は私よりも先に天国とやらへ旅立つことになりますが、そういうときにまた同じようなことが起こるのかな、なんて思ったり。それよりも病気になったときに何も実際的な面倒(お金とかじゃなくてね)は見れないんですよね。

20代前半で日本を出たときにはこういうことって全く考えてなくて、夫と結婚したときですらそんなのこれっぽっちも頭になかった私。そういう覚悟みたいなもの、ま〜ったくありませんでした。それは年齢のせいなのか、在米が長くなったからなのか分かりませんが、最近になって親の老後、そして自分の老後、そして恐らく日本に永住はこの先できない現実なんかを直視して青くなっている私。ネガ思考、そして計画性のなさがしっかり浮き彫り。

まぁそんなことをうじうじ考えててもしょうがないですから。今の私にできるのは、後ろを振り返らないこと。現実を見据えること。覚悟を決めること。最善を尽くす手はずを整えること。その天国とやらにいるおばあちゃんからのメッセージだと思って、凛と構えます。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:40| Comment(3) | TrackBack(0) | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

リユニオン@NY出張

ブログ、滞っていました。仕事がとても忙しく、子どもたちを寝かしつけてから夜中の2時くらいまで毎晩仕事(週末も)。週末は日本の幼稚園もあるし、こんなときに限って幼稚園のボランティアが忙しかったり、とにかく息つく暇もない毎日が続いています。今のプロジェクトが始まる前からある程度予想はついていましたが、分かってたとは言え、とても厳しい毎日です。そんな不摂生が数ヶ月続いているので、体調も崩しまくり。毎週のように新しい風邪菌をもらってきて、熱を出すか咳をするか鼻をすするか、どれか必ず(大抵全て同時に)やっています。

office_201004.jpg

そんな前置きなくせに、先週はまたまたNY出張だったので、ここぞとばかりに息抜きしてまいりましたよ。普段、子どもたちと過ごす数時間を友達とご飯を食べ、ホテルに戻って仕事を続けた一週間でしたが、それでもかなりリフレッシュ!子どもたちの面倒をしっかり見ててくれる夫に感謝です♪

そんなワケで出張中毎晩友達と飲み歩いたわけですが(笑)、火曜日は元同僚君と現同僚君たちとリユニオンちっくに集まってみました。場所は一風堂。いや〜高いですね、ここで飲もうとすると。。。前菜やらビールやらを頼んだおかげで、一人45ドルですよ。どんだけ高いラーメン屋なんだ!ちなみに日本の一風堂だと7,800円で食べれるそうです。うらやましい〜。

元同僚君は4年前に新入社員としてうちの会社に入ってきて私のプロジェクトに参加したので、私は一応メンターみたいなことをしたのです。1年経って彼は今の会社に転職。入るのがとっても難しい会社なのですが、さくっと面接通って、他にも大手からさくさくオファーをもらっていました。そのくらい賢い青年で、技術的なこともすぐ覚えるし、ビジネスも理解していたし、クライアントとの話し合いも上手だし、私が教えることなんてほとんどありませんでした(教えてもらうことのほうがあった・笑)。彼は3年勤めた今の会社を辞めて、ハーバードのビジネススクールへ9月から通うそうです。賢いとは思ってたけど、ぶったまげました。なかなか入れる学校じゃありません。

クリアなビジョンがあってそれに向かって常に邁進する彼に比べてですね、私は4年経った今も変わらない仕事をしていますよ(笑)。でもね、それが嫌かと言えば、私は上昇志向がないもので、かなり心地よいのです。上昇志向がないと言っても、かと言って専業ママになるのはきっと私に合わない気がするし、仕事上の達成感も好きなので、できれば気楽に働けてそこそこのお給料がもらえればそれに超したことはありません。ただ今のプロジェクトはかなり忙しいので、できればもうちょっと楽なものに変わったら言うことなし。

アメリカで仕事をする経験ができたことは私の人生でとてつもなく大きな意味を持つけれど、かと言って仕事に人生を捧げるような働きマンはイヤ。そういう姿勢をしっかり持ってさえいれば、周りの雑音に惑わされにくくなるのであります。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

若い頃の苦労

若い頃の苦労は買ってでもしろ、と昔からあることわざですが、これは本当だな〜としみじみ思う今日この頃。と、よい年な私は年寄りらしく昔話をしてしまいますが、よろしいでしょうか(笑)。

私は21のときに日本を出て、そのあとは結局日本に定住することはなく、今に至ります。最初はタイに行って日本語教師やら社長秘書やらを目的意識もなくやっていて、そんなときに夫に出会ってアメリカの大学で勉強するためにこちらに来ました。タイでの生活や、アメリカでの学生時代はお金がなくて、と〜ってもひもじいものでした(笑)。でもね、今考えれば別に周りと比べてそう貧乏とかではなかったのですよ。ただ私は日本で甘やかされて育ったので、好きなものは何でも手に入ったし、仕事だってのほほんだったし、実家だったし、とにかく人生をなめきっていたのです。だからこそ同じように甘やかされた周りの日本人留学生と比べてひもじいとなげいていただけであって、今考えればアメリカ人の学生と私は変わらない生活を送っていたんだけどね。

でもこの時代があるから今の私はお金の大切さも分かるし、お金を稼げるという奇跡も必要性も痛感するし、好きな洋服や外食にお金をある程度費やせることに対して感謝ができるんだと思います。あとひもじい生活を経験したので、今またあの頃の生活に戻ることがあったとしても、それなりにアジャストできるような気がします。でもあの経験がなかったら、すごく落ち込むだろうし、また周りの裕福な日本人の友達と比べては嘆いていたはず。

もうひとつは仕事。今私がやっているコンサルタントという仕事はクライアントにつかえる奴隷みたいなもので、しかもチャージする金額がとても高いので(給料はそこからかなり差し引かれるけど)、Expectationも高いのです。技術的なスキルが中途半端で、ビジネス的な仕事ができるほど口も達者じゃないし、英語なんてありえないほど中途半端な私はそれはそれはつらい思いも、悔しい思いも、恥ずかしい思いもいっぱい経験してきたし、渡米11年経った今だってそれは続行中(泣)。大学を卒業して最初の2年半はその大学でフルタイムでプログラマーとして働いていたのだけど、その大学での仕事は今考えればぬるま湯もいいとこでした(そのときは大変だと思ってたけど)。

でもね、こういうつらい経験って、後から経験するよりも、若いうちに終わらせてしまったほうがよいと思うのですよ。だって打たれ強くなるし、そこから学ぶことも多いし、落ち込んだあとに這い上がってそれをプラスに換える方法を学んでいるワケで、それを今更この年で一から全て体験するのは相当大変ですよ。かろうじて順応性の高い今のうちに経験して、次にもうちょっとスローな仕事についたら今までの経験を生かして、仕事と私生活のバランスを上手にとって暮らしていく方法をきっと見出せるはず。

だからつらいこともたくさんあるけど、今私が進んでいる道は正しいし、これまでの道のりだって多くのことが今の私にとってプラスに働いている。そう信じて上を向いて歩くのです。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 13:05| Comment(6) | TrackBack(0) | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ギョロ成長記録@3歳4ヶ月

ファッションがその日の気分を左右するほどのオシャレさん。

gyoro_usirosugata.jpg>

+ファッションに対する興味と執着心がすごい!嫌いな服を着せられることを何よりも屈辱だと思っています。
+マミーのネイルやメイクにも興味津々。わき目もふらずに見つめて、「ギョロも大人になったらお化粧させてね?」と懇願します。
+ご飯も問題なく食べます。最近は以前より聞き分けがいいので、そう好きでないものでも「これ食べないとお出かけしないよ?」と脅すと、がっつきます。
+マミーがいると、誰の前でもシャイ。クラスに迎えに行っても一人もじもじしています。先生によると日中はいつもおしゃべりらしいんだけど。
+とても心優しくて、「あ、マミー悲しい。」と注意すると飛び上がって言うことを聞いてハグしてくれます。
+空想娘。いつもおままごとや絵本の世界に入り込んで独り言を言ってます。そのせいか集中力がない。もう悲しいくらいにマミーの血を引いてます。
+喜ぶとき、「きゃっ!」と言って本当に飛び上がります。漫画みたい(笑)。
+ハッチのおむつを捨てに行ったり、洗濯物を運んだりのお手伝いが大好き。逆にそれをマミーがささっとやってしまうとすごい怒る(疲)。

一緒にお買い物も楽しい3歳児♪


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッチ成長記録@19ヶ月

ころころしてて、本当にかわいいハッチ。

gyoro_hacchi_infrontof_house.jpg

+甘やかしすぎた気配。欲しいものを手に入れるまで大きな声で泣き続けます。甘やかしたから、というよりも泣き声を聞きたくないからやってあげちゃうわけだけど、ちょっと反省。
+マミーの手料理が大好き♪冷凍食品なんかだと一口食べて吐き出すのに、マミーの作るものだったらたとえ簡単なカレーライスでも必ずお代わり。うふふ。
+言葉が早い!うさぎ、わんわん、みゃーお(ねこ)、りんご、いちご、などの動物や食べ物の名前もよく覚えているし、「座って?」「てぃーびー(テレビ)?」とかちょっとした会話も可能。
+Teething真っ最中。夜泣きに悩まされなくなるのはいつのことなのでしょうか。
+deadly smileと呼ばれるほど誰にでも微笑む笑顔がかわいくて、みんなのハートを打ち抜きます。さすが次女。
+外遊びが大好き。お姉ちゃんと同じように走れると思い込んでいるので、追いかけて転んでは擦り傷を増やします。
+ちくり魔。お姉ちゃんにイジワルされたときには必死に訴えてきます。
+アレルギーが勃発。目がはれて、体中に湿疹ができました。季節性のものなのでしょうか。

かわいいんだけど、ハイメンテナンス。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 次女ハッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

温や

オフィスの比較的近くにあるうどん屋さんに行ってきました。

去年の9月にオープンしたこのお店、全く知らなかったのですが、ランチのレストランを開拓することに情熱をそそぐ同僚達に連れられていきました。

最初にカウンターでオーダーして、自分で席に持っていって食べる仕組み。そのおかげで値段はとてもリーズナブルで、5〜7ドルが主。しかもその場で作ってくれるのでできたてが食べられます。そしてもちろんおいしい♪こんなに安く本格的な讃岐うどんが食べられるなら、がんがん通っちゃいます。夜は居酒屋になるそうなので、次回の出張で行ってみよう。

ただ、、、クーラーがないようで、暑かった。。。4月初旬のニューヨークで30度越えってありえないですよね。特にランチは涼しい季節に行くのがいいかもしれません。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本食レストラン in NYC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

NY一泊出張

大抵は一週間丸まる出張なのですが、今回は一泊だけ行ってきました。年に1,2度あるチームでのディナーに参加したかったらどうぞ、と言われて、そう乗り気ではなかったのだけど、現場で終わらせたいこともけっこうあったので急遽飛び立ちました。

ny_040710.jpg

私は大勢とたわいのない会話をするのが苦手なので、こういうのは結構疲れるのですが、きっちりテンションあげて参加してきました。まぁ、私の場合は気心知れた同僚4,5人とつるむことが多いので、結局毎回お腹がよじれるほど大笑いして楽しく終わります。今回もそんな感じでさくっと終了。

今回のディナーは、とあるプロジェクトの終了を祝う意味もあったので、この人が頑張った、こういうことで頑張った、みたいにRecognitionをする部分があったのですが、そういうのを冷めた目で見るようになった私。入社した頃は賞をもらったり、クライアントから頑張った的なメールをもらったら、すごく嬉しくて「もっと頑張ろう!」って思ったものですが、今となっては何だかいろんなことを知ってしまってですね。いくら頑張ったと言われても結局その努力が報われることってあまりないな、なんて。こういうくらい話はこの辺で。

まぁそれでも。一時的にも必要とされるのは素晴らしいことで、それに感謝して夜な夜な働くのであります。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

2010年04月03日

入学式

ギョロは毎週土曜日に日本語の幼稚園に通うことになりました。

家からは何気に遠くて30分ちょっとかかるし、ただでさえも睡眠やお風呂や食事など、人間としての基本的なことすらまともにこなせてない日常。本当に続けられるのかな、と心配もあるのですが、、、まぁ、やってみます。

ご存知私はフルタイムで働いているので、子供達は一日中英語環境。家では私と子供達は日本語ですが、夫は英語。しかも夫のほうが仕事の拘束時間が短いし、出張もないし、どちらかと言うと夫と過ごす時間のほうが若干長い現実。だったらもう週に一度日本語を話す時間を強制的に作って、自分達のスケジュールをそれに合わせるしかない、と決意したワケ。

こうやって日本語の幼稚園へ通ったりするのを夫があたりまえのように実行させてくれるのを、ありがたいと思う私。彼にとっても相当負担になるし、家族の時間も減るのですが、それが当たり前のことのように一緒に頑張ってくれています。そういう理解や協力が得られない家庭も結構ありますからね。日本語を全く話さない夫にとっては別に楽しくもないと思いますが、バイリンガル教育はこれまたあたりまえ〜に応援してくれています。

入学式はとても順調で思い出深いものでした。1クラス15人で計2クラスの小規模なので、手作り感もあるのだけど、思ったより本格的で軽く感動。子供達も落ち着いてて、ギョロも萎縮せずにお友達になれそうな感じだし、私も他のお母さんたちと仲良くなって力を合わせて子供達の日本への意識を高めるための基礎を築いてあげられるといいな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

女子家飲み‏

近所のタイ人のお友達の家でまた女の子が集まりました。

nails_033110.jpg

って、どさくさにまぎれて女の子とか言ってますけどね、私ったら。みんな30代半ばの人妻でございます。

友達が来るというとおいしいご飯を作っておもてなしをしてくれるタイ人たち。私は子どもたちを寝かしつけて9時ごろお邪魔したのに、わざわざお酒のおつまみ(春雨サラダとパパイヤサラダと肉団子)を準備してくれて感動〜。私ならせいぜいさきいかとかが限度。その上手作りのカクテルもいろいろ作ってくれました。

みんなで女の子らしい話をしながら(豊胸手術とか下着とか旦那の悪口とか)、手は休まずにネイル♪彼女たちはネイルが趣味なので、こうやってお酒を飲みながらネイルをやってもらえるのです。いろんな色を使って、こんな感じにできあがりました。

春でしょ〜。一気に女子力上がります。こういう機会でもなければマニキュアはおろか、爪を切る余裕さえない私。だからこうやって無理矢理家事を終わらせて、のんびり女の子同士集まってネイルごときに数時間かけるのはすごくスペシャルなことで、こういう機会を設けてくれるお友達には大感謝。こんなプロフェッショナルなネイルを外でやってもらったら高いし、しかも飲み物にタイ料理まで!私は幸せ者ですね〜。

もしこの売れる気配ゼロの今住むコンドが売れることがあったら、ぜひ近所の女子を集めて我が家で飲み会です。ふんがふんが。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。