2010年06月25日

長時間の飛行機対策

明日いよいよ日本へ出発!この年で両親に甘やかされてる痛すぎる私なので、今までは日本へ行くとなると本当お気軽でした。帰りに買ってもらった洋服やらいろいろなグッズをお土産に持ち帰るために大きなスーツケースを持ってはいくものの、中身はほぼ空っぽ。だって親がパンツから歯ブラシまで何もかも用意しておいてくれるんだもの。パッキングにあけくれる人の気持ちが未だによく分からない私。

target.jpg

子供が二人できて何が変わったかというとですね。まずこの空のスーツケース自体はほとんど変わりません。洋服なんかは向こうで(親が)調達してくれるし、まぁちょこまかとお土産はちょっとだけ買ったけど、それもスーパーの袋に入る程度。何が違うって、、、そう、機内への手荷物!あまりの量と重さに途方に暮れています。大きなバックパックと、巨大トートと、カメラバッグ、そしてストローラー。こ、この大荷物持って、幼子二人連れて空港移動すんのかよ!

子供の様子をしっかり記録したい私@パー子なので、大きなカメラとビデオはもちろん機内持ち込み。だってスーツケースに入れちゃ壊れるでしょ?別に空港で写真やらビデオを撮りたいわけじゃないけど(っていうかそんな余裕はきっとない)、これはしょうがない。そしてその他の大荷物は14時間という長時間を魔の3歳児と悪魔の1歳児とどう乗り切るか対策でございます。

いや〜、いろいろ恐ろしい話を聞くんですよ。子供が泣き叫んで座らずに飛行機がなかなか飛び立てなかった話とか(実話)、周りに座ってる日本人家族に怒鳴られた話とか(実話)、授乳中となりのオヤジに乳見られた話とか(実話、ってかこれは前回の私)。私なんて1時間ちょいのレストランでさえ、幼子二人を黙らすのに汗だくなのに、どうやって14時間も、、、しかもこの密室状態。実家の母は「ママは機内食食べる暇ないだろうね。迎えに行くときおにぎり持っていこうか?」なんて言ってくれていますが、私としては自分が飢餓に陥っても一向にかまわないので、子供たちに静かにしていて欲しいです。

そんな私がリサーチしたり考えたりして編み出した作戦はこちら。

1. 空港で子供たちをがんがん走らせて疲れさせて寝させる
2. 新しいオモチャを用意する。ウチはプリンセスのシールブックでいきます。
3. 新しい本を用意する。普通の絵本&ちょうどしまじろうが届いたのでそれも。
4. ポータブルDVDプレーヤーでDVD祭り。これもちょうど届いたしまじろうと、あとアンパンマンも。
5. 必殺お菓子三昧。小分けになってるスナック菓子をいくつか買いました。ただうちは甘いものより野菜なんかのほうを好むのでこれもタッパに入れて持ってきます。
6. 特別ジュースタイム。我が家は水と牛乳以外は禁止してるのですが、今回はとにかく何でもオッケー。
7. トイレ散歩大作戦。トイレ周りのスペースで静かに歩かせます。

こ、こんなもんで大丈夫でしょうか。っていうか、7を書いてて思ったんだけど、子供二人連れてどうやってトイレをするのでしょうか。うちの子供たち@究極の引っ込み思案はフライトアテンダントさんに大人しく抱っことかされる器じゃありませんよ。あの狭いトイレに3人は入れないよな〜。ここは大人ダイパーか?

結果発表は帰国後です。手荷物があまりに多すぎるので今回はラップトップを持っていけず、ブログ更新は恐らくなし。あまりにも暇だったら実家のコンピューターから更新しますが、きっとそれはないかな。でもそのほうがいいのかも。下手にラップトップとか持ってくと仕事のメールチェックしちゃいますから。でも日記はつけておくので、後から遡って更新します。行ってきま〜す!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 日本滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

帰国準備‏

今週末から3週間日本へ里帰りです。なんと3年ぶり。とてもじゃないけど毎年帰れる身分ではないので、一度帰るとなると気合いが入りますね。そんな気合いも小さなモンスターたちのおかげでかき消されそうですが。今回は夫はお留守番。私と子供たちと3人だけでえっちらおっちら帰ります。

毎年帰っていれば何を大げさな、と思うでしょうが、次いつ帰れるか分からないとなるとそれなりの目標らしきことを立てます。今回の目標は。。。

1. 炊飯ジャーを買う
2. 子供たちに日本を見せる
3. 夜子供を両親に預けて、友達と飲みに行く

。。。なんかこう書くとたいしたことないね(笑)。まぁ、恐らくそれは目標その1のせいでしょうが。日本の炊飯ジャーは優れもので、もっちりしたご飯が炊けるそうですね。私はこっちで買ったそれはそれはレトロな象印の炊飯ジャーを使っているせいか、私の炊飯ジャーの扱い方が間違ってるせいか、いつもぱさぱさのご飯が炊きあがります。

私の大きな大きな目標は、頑張って出世、と言うより昇給して、毎年帰国できるようになること。そして子供たちを日本の学校に毎年体験入学させること。これは私の周りではけっこう当たり前のようにみんなやっていますが、うちはここまで到達するには解決しなければならない問題がちらほら。だからこそ今回子供たちに思う存分日本での滞在を満喫させて、毎年日本へ行きたいと思ってもらって、それを仕事の動機付けにしようかと思っています。

帰国準備、、、というと日本の友達と連絡をとりあったり、パッキングしたり、お土産を買ったり、といろいろありますが、我が家は何一つ済んでない、、っていうか始めてもいません!あと二日もせずに出発なのに?(←自問自答)。仕事も普通に忙しいし、なんとも現実感に欠けますね。

今夜ターゲットでも行ってお土産その他調達、パッキングは前日の夜にぱぱっとやります〜。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本滞在記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

真似っこハッチ

まだまだ赤ちゃんだと思ってたハッチですが、けっこういろいろなことができて戸惑いを隠せない私。中でも最近著しいのがギョロの真似っこ。

hacchi_atama.jpg

まずお姉ちゃんが遊んでいるオモチャは全部欲しい!全てが「ハッチの!」となります。ギョロのほうだって(まだ)負けてないので取り合いになって、最終的に号泣。これがすごい大声でね、もううるさいったらありゃしない。

お姉ちゃんが何か食べようもんなら同じものを要求。大抵のものはあげるんだけど、グミとか何だか喉につまりそうで怖くてあげられない私。でもそんなことしてたら一日中うるさくてしょうがないので、細かく刻んであげます。これがまためんどくさい。

ダンス好きのお姉ちゃんに並んで一生懸命ダンス。これはなかなかかわいい。

カラオケ好きのお姉ちゃんに並んで大声で歌います。これがなかなか正確で、びっくり。懐メロにはまる私の影響で工藤静香とか歌えちゃうギョロですが、なんとハッチもしっかり歌えます。

ギョロが「見て、マミー、あの窓オレンジだよ〜」とか新しい発見をいちいち報告してくるのですが、ハッチもびっくりするほど上手にリピートします。「マミー、見て?まお、おえんじ!」と、恐らくある程度意味を理解して真似している様子。

3人で絵本を読んでて、ギョロが「なにこれ〜、おもしろいね〜」なんて反応を示そうもんなら、しばらくのあいだハッチはその部分にさしかかると大笑いしてます。「見て、マミー?ペンギン〜(大笑)!」みたいに。ハッチの笑いのツボは激浅。

子供が2人いてよかったと思う瞬間ですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 次女ハッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

しつこいギョロ

ギョロは何か気になることがあるととことん突き詰める探求型。特に、気が弱いこともあって、誰かが泣いたり傷ついたりしているのを見ると、自分なりの答えを探そうとマミーに質問攻め。素晴らしい姿勢だと思いますが、時にめんどくさい。。。

道で車にはねられて死んでいるスズメを見て、「どうしてピーちゃんねんねこしてるの?」「どうしてお家に帰らないの?」と質問攻め。この質問、大げさじゃなくて50回くらいされました。

先日げげげの鬼太郎の最終回で、きたろうがお母さんと別れて泣くシーンがあったのですが、これも非常に気になるギョロ。「どうして鬼太郎泣いてるの?」「どうしてお母さんお家帰っちゃうの?」「どうして夢子ちゃん(落下する石にぶつかって死んでしまった)ねんねこしてるの?」と、それはそれは探究心旺盛。ただこの質問が何日にも渡り、何十回、いやホントに何百回と繰りかえされると、、、ねぇ?「もうさっき答えたじゃん」と言うと、「違う!もう一回言ってよ!」と同じ答えを何度も何度も繰りかえすよう要求。そんなに気になるなら答えは覚えといてくれ。

こうやって、何かにスタックするとそれをとことん追及する姿勢、それは夫似ですね。私はプログラマーなくせに「あ、動いたからラッキー!」みたいな姿勢で、何も追求しませんから。それは如実に私と夫の収入と地位に反映されておりますが。

このしつこさも成長の証なのかな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

韓国ランチ

お友達にお家に呼ばれて、韓国ランチをごちそうになってきました〜。小さな子供達がいる3家族が集合。

旦那さんのほうがご飯を全て用意してくれたのですが、すっごーくおいしかった!私が人を呼ぶとなると大皿にグリルした肉やオーブンで焼いたキャセロールをどかんと置いて、「勝手に取ってくれ」スタイル(AKA バフェスタイル)にするところですが、彼は何と個人個人のお皿にきれいにデコレーションして出してくれました。すご〜い!きれいなお寿司もそんじょそこらのレストラン顔負けにおいしくしかもきれいに盛り付けてありました。それもそのはず、以前彼は日本食レストランで働いていたそうです。納得〜。

日韓カップル、私の周りで数組いるのですが、いいな〜と思うのが韓国料理が美味しいということの他に(笑)、日本語と韓国語が似ていることもあって、お互いの言語を覚えやすいこと。今回のカップルも韓国人の旦那さんのほうが日本語を上手に話していてかわいかった(←失礼?)。テレビを観て覚えたと言うよくあるタイプですが、いや〜何ででしょうね。我が家では夫も日本のテレビをよく観てるし、私も英語のテレビ観ますけどね。2人ともあんまり学んでません(笑)。

彼の日本語がかわいい、と失礼な書き方をした私ですが、自分達の英語はネイティブの人たちにどう聞こえているのか、という話題になりました。ネガな私なので、私は自分の英語力が底辺だと思っていますが、でも周りに聞けば必ず「上手だよ〜」って言うでしょ?だから恐らくその両極の間のどこかにいると思うのですが、自分では分からないものですよね。でも予想するに、英語にアクセントがあってネイティブじゃないからこそ言えるかわいらしいキャラみたいなものがあるんじゃないかと。自分を客観的に見つめて
そう思うわけではなくて、周りの移民とアメリカ人の会話を聞いてて何となくそういう雰囲気を感じ取ったしだいであります。まぁ、これが仕事上となると、必ずしもプラスには働かないのですが。

さて、こんな風に素晴らしいおもてなしを受けたあとに呼びづらいのだけど、次回は我が家です。。。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ギョロ成長記録@3歳7ヶ月

難しいお年頃。。。

gyoro_hacchi_hug.jpg

+ 先月に引き続きいじけ虫。注意されるとつっぷして泣き真似。「マミー好きじゃない」「ダディーはギョロの友達じゃない」と暴言吐きまくり。これはどうしたものでしょう。
+ プリンセスが気になる毎日。プリンセスのドレスが欲しくてたまりません。キャラクターものもプリンセスにはまり、マミーのキティラー魂を侮辱。
+ これまたマミーに似て引っ込み思案。特にマミーがいるとマミーの周りをうろつくだけで、お友達と遊ぼうとしません。自分の子供時代を見てるよう。。。
+ 毎朝おなかが痛くなります。「マミー、ハグして?」というので、きっとマミーと離れる不安からの精神的なものじゃないかな。私も子供の頃毎朝腹痛で苦しんでました。でも3歳でこれとは早すぎだ。
+ モールでの買い物が大好き。将来一緒にショッピングできて楽しそうだけど、どうなんでしょ、これ。
+ 豆腐と卵が大嫌い。それ以外は大抵しっかり食べます。たぶんアレルギーがあるのかな?と思ったり。
+ すご〜く繊細。テレビで誰かが泣いたりしてると、気になってしかたなくて、何度も何度もそのわけを突き詰めます(=マミーに質問攻め)。

大人への階段を上る3歳児。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

ハッチ成長記録@22ヶ月‏

ひょうきんハッチの毎日。

hacchi_hitori.jpg

+ ギョロのこの頃と比べてもよくしゃべるハッチだけど、この話し方が何ともユニーク。モノを探すときに「ぽぽちゃんは〜?」とふざけた感じで口をすぼめて言ったり、「ハッチ、こわしちゃった〜」とすごくイヤそうな顔をして言ったり(マミーの真似かと思われる)。
+ 食べ物の好き嫌いが出てきました。比較的何でも食べていたのですが、最近は興味のないおかずばかりだと一口も食べずにビブを外すことも(ビブを外す=ごちそうさまの合図)。
+ 虫を異様に怖がります。これは完全にギョロの影響。困ったもんだ。
+ 何でもギョロと一緒じゃないと怒ります。自分はギョロと同じ年だと思ってて、ギョロにできて自分にできないことがたまらなくイヤな様子。
+ それでもギョロが欲しがるオモチャを「はい、どうぞ?」と貸してあげれることがほとんど。ギョロが欲しがってなくても貸してあげたがり、興味のないギョロの態度にムカついて喧嘩になるパターンも。
+ トイレトレーニングはまだまだですが、ダイパーにおしっこがたまると嫌がります。イヤだったらぜひトイレでおしっこをどうぞ。
+ 一緒に出かけるとちょこまか歩いて監視が面倒だけど、基本的にマミーダディーから離れることはないので、きっと楽なほう。
+ 小さい子供達は全員ベイビーだと思っている。見かけるたびに「あ、ベイビー!」と大声で指差す自分もしっかりベイビーなハッチ。

もうすぐ2歳か〜(寂)。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 次女ハッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

友達とランチ ・ 記録を残すということ

近所の友達数人がランチに誘ってくれたので、本日はインドなランチ。

dosa.jpg

友達はアメリカに来る前にタイにある大きなホテルのレストランで働いていたので、いろいろな観光客を見る機会があったそう。そんな彼女がランチがテーブルにきてすぐいそいそとアイフォンで写真を撮る私を見て、「あなたは本当にアジア人ね〜」と(自分もアジア人なくせに)笑っています。彼女曰く、アジア人の観光客はレストランで食べ物が到着するたびに先を争うようにして写真を撮ってたそうで、それがかわいかったと言ってました。そういえば私の周りでも写真を撮るのは日本人を始め、アジア人の友達ばかりだな。っていうか、私の周りはアジア人の友達ばかりだからそれもあたりまえだけど(笑)。

でも私が日本にいた頃はレストランの食べ物を撮るのは少数派だった覚えがあるな〜。テーブルの写真を撮るのが自然な光景になったのは一昔前のホームページとか、ブログとか、SNSとかが普及してからですよね?いい時代になったもんだ(笑)。

だって日々の記録をこうやって残せるし、それを子供達にも将来見せることができる。私なんか自分の子供時代のことを知るにはかしこまって撮った写真のみ。それに引き換え、ギョロとハッチは、一眼レフで撮られた立体的な写真、ビデオ、細かい成長記録から母親がその当時考えていたことなど、いろいろな角度から振り返ることができるんだもん。と思うと、母親のあまり愚痴愚痴したことはブログには書かないほうがいいんだろうか?とちょっと思ったり。ブログを分けて書くような時間もないし。。。

なかなか難しいもんです。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ギョロのコンサート

ギョロのクラスのコンサートがあり、行ってきました。

annual_concert.jpg

子供達が並んで大人顔負けのダンスとともに歌う姿はかわいくて泣けてきますね!ギョロもすごいマジメな顔で一生懸命踊っていました。3歳でこんな大人顔負けになるんだな、としみじみ。

ステージ上での配列はよく考えてありました。上手に、と言うより、一生懸命ダンスを踊れる子たちは最前列、もしくは2列目の真ん中へ。逆に踊ることを拒否したりする子たちは一番後ろへ。この年齢だと女の子のほうが進んでいるようで、男の子は全員後ろにまわされていて、やっぱりコンサート中も踊ってない子や集中力の続かない子が多かったな。そして最初と最後のサンキュースピーチは言葉がしっかりしていて恥ずかしがらない子。こういうのを見極めるのも先生の大事な仕事なのでしょう。ちなみにギョロちんは上手かどうかはともかく一生懸命踊るので最前列でしたが、スピーチはしていませんでした。それは納得。この超恥ずかしがり屋なギョロがステージ上で言葉を発するとは思えませんから。

と、子供達も頑張ったけど、何よりも素晴らしいのがこれをまとめあげた先生ですよね〜。ギョロなんかはまだまだ手がかからないほうだと思うけど、こんな大勢の元気な子供達たちをこうやってまとめあげるなんて神業。いったい何食べればこんなことができるようになるんだ?この忍耐力のかけらをぜひ分けて欲しいものです。

そのあとはポットラックで疲れるランチをして仕事に戻りました。予想通り「マミー行かないで〜」と泣くギョロを置いて。。。通常ならこのままギョロをつれて帰ってもいいのだけど、日本行きを控えているのでちょっと休めない状況なのです。

子供の成長ってすごいな。この前赤ちゃんだと思ったらもう他の子たちと一緒にステージに立つんだもの。誇らしいと思うより、寂しさを感じる私でした。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

嘘つきギョロ

素直でいい子に育っているギョロですが、最近嘘をつくことがあります。

「今日あんなちゃん(日本語幼稚園のお友達)がギョロに英語でお話したの」「え〜そうなの?で、ギョロは何て言ったの?」「日本語でお話してって言ったの。」

「今日シャイニカがギョロのボールぽんってしたの」「その後ギョロはどうしたの?」「たたかないで!って言ったの。」

「今日学校で何食べたの?」「ホットドッグ」「・・・昨日もおとといもホットドッグって言ったよね?」

「今日は学校でアリアンナと何して遊んだの?」「(手に持ってたぽぽちゃんを見て)ぽぽちゃんで遊んだの。ぽぽちゃんミルクはいどうぞってアリアンナが言ったの。」「でもぽぽちゃん学校に持ってかなかったじゃん。。。」

え〜、これらは全て嘘でございます(笑)。上の二つは気の弱いギョロが言うわけないし、ホットドッグは毎日給食で出ないし、ぽぽちゃんはずっと家におりました!

怒られるときに「これやってないよ」と嘘をつくことはないので、たぶんこういうのは嘘というよりも空想娘の空想が広がった結果なのでしょうが、どうなんでしょうね、これ。もっと大きくなったら娘の嘘が見破れなくなるのでしょうか。寂しい!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

タイパーティー

タイ人のお友達のパーティーへお呼ばれしてきました。

thai_party_201006.jpg

最近彼氏が出来た彼女。その彼氏のお披露目も兼ねてでした。食事はグリルで肉から魚からどか〜んと焼いて、他にはタイカレーやデザートなんかもあって盛りだくさん。辛いかな〜と思って子供たちのご飯は食べさせて行ったのですが、それは正解。「子供たちが食べれるのあるよ」と言われたのは、ココナツ味の餅米のデザートでしたから(笑)。

タイ人は子供の面倒見がいいので、こういうパーティーへ行くと楽ちん。私たちがゆっくり食べたり飲んだりする中、子供たちを勝手に家の中のあちこちに連れてって遊んでくれます。でも油断すると勝手にアイスクリームとかチョコレートとか食べさせられるので要注意(笑)。

ゲストはほとんどタイ人だったのですが、そのアメリカ人の旦那さんたちも来ていたので私たちも完全にぽつーんではなくて助かりました。タイ人たちはタイ語でわいわいしてて、最後はカラオケになってそれが何時間も続くパターンなので、それに入れない外人たち(タイ人以外)はビール片手に外でおしゃべりが常。私も昼間からワインを飲み、日差しのせいかちょっと酔っぱらいました。夜だったらワイン2杯くらいじゃ絶対酔わないのにな〜。

今回誘ってくれたタイ人のお友達は長い間アメリカ人の彼氏を探していて、今回やっとネットで見つけました。彼女は、、、ビザが欲しいのです。今はリーガルに滞在していますが、もう少しで切れるビザ。タイにいる息子たちをアメリカに呼び寄せて大学に通わせたい彼女。その夢を叶えるにはいろいろな意味で彼女だけではムリ。だって彼女は英語も全然できないし。それでもとても魅力的な彼女なので彼氏はいつかできると分かっていましたが、実際できてみて気になるのが、彼はそういうことも承知してるのかしら?と。今はすご〜くラブラブな二人で、「彼女を幸せにするために何でもしたい」なんて言ってたけど、どうなんでしょう。っていうか英語がほとんどできない彼女とこういう部分まで話せてるんだろうか?と相変わらず人のビジネスが気になる私でした。

日曜日の昼から飲んでご機嫌。この調子で一週間乗り切りますよ。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

女子飲み‏

ふと思い立って近所の女子たちに声をかけて我が家で飲むことにしました。

外でご飯を食べるのも楽しいのだけど、そうするといろいろ準備がめんどくさい。なので子供たちを寝かしつけてから集合って形にしたら、なんとも楽ちん。。。と思いきや、我が家ではギョロが目を覚ましてしまい、頼りの旦那は所用でout of townだったので、ギョロまで参加することになったのですが。

お友達が持ってきてくれたレモネードとラムのカクテル。すご〜くおいしかった!普段ハードリカーは家で飲むことはないのだけど、これはおいしいので早速ラム買っちゃおうっと。うちの旦那は甘いお酒に抵抗がない、と言うか恐らく好きなほうだと思うので、きっと喜ぶでしょう。適当な時間に集まって、特別なスナックも何もないけど、あるものでだらだらとお話したりゲームしたりしながらすごく夜は最高のストレス発散です。


今月末に日本帰国を控えているので、この機会に長く会ってない友達に会おうと思っていろいろアレンジをしているのですが、いくつか忘れてた感覚が戻ってきました。日本ってこうやって飲みに行ったりするのもしっかり計画しなきゃいけないフォーマルさがあるんでしたね〜。それは別に国民性とか習慣だけじゃなくて、電車移動や終電や旦那さんの残業なんかがあるから自然とそうなるのでしょうが、私はこちらでのゆるい生活に慣れてしまったので、小さな子供を持ってるとなかなか外に出づらいな、と。だって6時半に渋谷で集合とかなったら、その前に子供をお風呂に入れてご飯食べさせてシッターも用意してって、考えただけで行きたくなくなる私。今だったら旦那にさくっと世話をお願いして出るか、子供たちの世話が住んでから出るか、家に来れる時間にさくっと遊びにきてもらうか、どれをとってもゆるゆる。もちろん外に子連れで食べに行くときだって車で30分以内だから時間調整も楽だし。どちらにもいいとこ悪いとこありますが、子連れにはこっちの感覚がありがたいですね。

飲み会終了は夜中2時半。翌日は真っ黒クマちゃん。コンシーラー塗っても塗ってもクマちゃん消えませんでした。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | ワイワイ@我が家 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

幼稚園一学期終了‏

土曜日に通っている日本語幼稚園の一学期が終了しました。

gyoro_bakusui.jpg

ギョロは皆勤賞!偉いね〜、ギョロというよりもママのほうが(笑)。毎週末、お弁当作って、遠い道のりを運転していくのはなかなか大変なんですよ。あと週一度のことなので、ギョロが慣れるのも遅くて、泣いたりはしないんだけどあまり楽しくないようで、「幼稚園行くよ」って言っても反応が微妙だったのです。でも先週くらいから「わ〜い!」って楽しみにしているような返事だったので、そういう意味もこめて「お疲れさま」、、、ギョロちんとマミー。

帰り道モールに寄りました。実は今月末から3週間日本へ3年ぶりの里帰りを果たすのですが、会う友達へのお土産を調達しておきたかったのです。どうしても週末はばたばたしちゃって、モールへ行けるのは今日くらいしかないと思って。ハッチもいたのですが、二人つれてモールを歩くのはけっこう大変(疲)。いやね、歩くこと自体は全然大変じゃないんですよ。何が大変かって買い物をするのが大変。目が全く離せないので、何を買うかに何も集中できない。でもお土産は買わないといけないし、大声で「こっちおいで!」「そっち行かないで!」「それ触らないで!」と叫びながら何とか買い物終了。いや〜、1時間のモールでこれですから、14時間の飛行機はどうするんでしょ、私。ちなみに旦那はお留守番。私一人で二人の面倒をあの狭くて混んでる機内で14時間。あはは、笑うしかないね、こりゃ。

帰り道はさすがに疲れ果てて、二人とも爆睡。機内でもそうやってぜひ爆睡してくださいませ。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

キレる親

私はデキた母親ではないので、イライラしているときはつい子供に当たってしまったりします。うちの子たちは結構聞き分けがいいもので、手が出たりはもちろんしないんだけど、あまりしつこくあれしたいこれしたいあれしたくないこれしたくないとぶーたれる子供達に向かって、「うるさいよ!」と言ったり、してしまいます。ママ友達は「そんなの普通だよ〜」と言いますが、それが普通であろうとどうであろうと、これはよくないこと。

でね、たまに私同様、っていうかかなり私以上に、キレる親に遭遇することがあるわけです。「あんたのせいで、お母さん恥ずかしい!」的な、かなり個人的な感情を子供にぶつけてしまっているケースです。このお母さんの発言(他にも多々あった)をそばで聞いていた私はあまりにぶったまげてしまって、思わずなだめに入ったおせっかいおばさんだったのですが、これは子供にとって最悪ですよ、ホント。

日本にいるときは私もあまり派手に褒められた記憶はないのだけど、こっちのお母さん達はむずがゆくなるくらい子供を褒めてます。「よくもそこまで言えるもんだねあんた」と遠めで見ていた私ですが、自分の子供ができると同じことしています(笑)。子供にもよるのですが、褒められて伸びる子と、けしかけられて伸びる子といるでしょ?うちはまだまだ小さいこともあり、褒めれば褒めるほど続けようと努力するので、とことん子供だましを続けています。何かできないことがあっても、「大丈夫できるよできる」と根気強く言い聞かせます。ギョロは特に気が弱いので、こうやって優しくサポートしていかないと、萎縮してしまうのです。

ストレスの多い育児。自分ひとりで何もかもやろうとするとどうしてもイライラしてしまうことってありますよね。だからこそ自分がなじめるコミュニティを見つけて、そこでみんなで協力体制を築くのって大切。毎日忙しい仕事をしているとそういうコミュニティを見つける時間がなかなかないのだけど、幸い私の周りには頼れる数家族がいるし、今通う学校や幼稚園のママたちとも時間をかけて関係を築いていきたいな、と思っています。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

お誕生日会‏

先週末に引き続き、お友達の娘ちゃんのお誕生日会。今回はハッチのお友達です。

bd201006.jpg


同じ誕生日会と言っても今回は(笑)家族ぐるみで普段から遊んでもらっているお家なので、大人も楽しい!子供たちは水鉄砲を持って、外で水遊び。大人はビール片手にワイワイ。先週のギョロのクラスメートのお誕生日会とは大違い。。。


子供たち同士もとても気が合うようで、ギョロはお姉ちゃんたちのあとをついて大騒ぎ。ハッチは難しいお年頃なのでせっかくのバースデーガールとも線引きをしてお付き合いをしているようでございます(笑)。それでも喧嘩することもなくみんな平和に遊んでいたので、その分親ものんびりできました。

大竹まことのラジオで以前コロッケがゲスト出演していたのですが、彼のトークライブには親子づれなんかで来る観客が多いそう。そこで誰かが「親子ともなると年齢層にかなり幅があるけれど、どうやって両方笑わせるのですか?」と質問していたのですが、コロッケの答えが「親が笑えば子供はそれ見て自然に笑いますよ」と言っていました。これって深いな〜、と。普段キャパの狭い私は忙しいあまりについついしかめっつらをすることがありますが、そうするとギョロに「マミー、怒らない!」と注意されるんです(恥)。逆に普段あまりスキンシップをとらない私と夫が子供達の前でハグをしたりすると、2人とも大喜びで叫びまわっています。そしてもちろん私たちが友達と集まって楽しく大笑いしながら会話しているときも、それはそれは満足そうな顔をしているので、両親がハッピーでいることって大切だなって思います。。。分かってはいるんですけどね(苦笑)。

家族4人、大満足の楽しい夜でした。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏祭り‏

今日はギョロが土曜日に行く日本語の幼稚園の夏祭りでした。

yukata.jpg

ボランティアの両親が協力して準備をしてくれたこのお祭り。フェイスペイント、水風船つり、(折り紙の←ホッ)魚釣り、ボーリング、お面作り、おせんべのお絵描きなどなど、催し物たくさんで、子供たちは大はしゃぎ。私は補助で入っていたので子供たちを連れてそれぞれのブースを回ったのですが、みんなのきらきらした笑顔がかわいいものでした。

ご存知私は子供たちに日本語を話してもらおうと頑張っているわけですが、そのためにはこういう文化的なことを学ばずには成り立たないと思っているのです。まぁ、ギョロくらい小さかったらマミーが日本語でって言うから、的な理由で話すのですが、もうちょっと大きくなるとしっかりした理由なしにはどうしても英語に流れてしまうのではないでしょうか。だって一日中英語環境で、影響を受ける友達もみんな英語、夜だけちょこっとマミーと日本語で話して、でも日本語しっかり勉強しろって言ったって説得力ないですよ。だからこそ日本に興味を持ってもらえるよう、こういうお祭りなり、和食なり、じじばばなり、テレビなり、日本語を勉強したら楽しいことが待ってる的な動機をあの手この手で出していきたいな、と思っています。それでも一人ではたいしたことはできないので、こうやって他のご両親と協力して、この国で日本の文化を継承していけるのは本当にありがたい!だから私も出来る限りボランティアにせいを出すつもりです。

子供たちのためにしてあげたいことってたくさん、本当に数えきれないほどあるのですが、現実問題できるのはごくわずか。そしてそれも効率よくやっていかないと日々の基本的な家事さえまわらなくなるので、それがつらいところ。特にこういうボランティア的なことは加減が難しいところです。私はリサイクルなどエコ活動的なことを全然しないので、そのへんをちくっと言われるとちょっと心苦しいのですが、なんせキャパが狭いものでそういうところまでなかなか余裕が作れません。毎日ご飯を作ることだって、働いてると実際問題けっこう難しい(わ、私だけ?)。ボランティアだって、こういう子供たちのための活動そのものに対するものはできるだけ参加するけど、先生へのクッキーギフトなんかまではけっこうな拷問。子供のためのボランティア活動は、地域社会への積極的な姿勢を子供たちに示すためにも大切だけれども、それで日々の生活がおろそかになっては元も子もないですからね〜。難しい問題です。

ギョロは大興奮で、初めての水風船を抱えたままお昼寝に入りました。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

夜の遊園地

子供達を迎えに行った帰りに移動式の遊園地へ寄りました。

yuenchi.jpg

こういう地域のイベントにありえないほど疎い私。好奇心旺盛な子供が2人もいるのだから、こういうのをまめにチェックしていたいところですが、、、無理。だから今回もデイケアの先生に聞いて、突然外食を決め、突然遊園地に寄ることにしたのです。

我が家は健全な育児を心がけているので(笑)、夜中に外に出ることがほとんどありません。あ、あるにはあるんですけど、それは友達んちだとか、外食だとか、結局外を歩くのはパーキングだけなのです。だから実際夜に暗くなってから外をしっかり歩くのはたぶん1年ぶりとかじゃないでしょうか。普段ギョロは「夜、暗いの好きじゃない!」と怖がりマンなのですが、今回で味をしめたようで、今度は暗いのが好きだそうです。

入場料を払って、乗り物乗り放題のフリーパスにするか、チケットを個別に購入するか迷ったのですが、どうせそんなに乗らないかと思ってチケットを何枚か購入。そしてそれは正解。途中「これあまったから」と帰り際にくれる人もいたし、実際ギョロは乗り物よりもただで遊べるトランポリンなんかのほうが気に入ってずっと遊んでいたし、ハッチに至っては大泣きでこれまたただで乗れる電車くらいしか乗りませんでしたから。

それにしても、、、いや〜、こっちの若者の成熟度の早さと言ったら(笑)!格好も体格も話し方も大人顔負け。同じ東アジア人でもこっちで生まれ育つと、純粋に日本で生まれ育った私なんかとは全然違うんですよね〜。これはなんなんざんしょ。ってことはギョロとハッチもこうなっちゃうワケ?と、夫に聞いたら、どんよりしてるし。デート中らしきカップル(たぶん15,6?)もけっこういて、女の子たちのスタイルと肉づきのよさと言ったら。。。自分と同じ人間とは思えない。私の身体なんてアスパラみたいですよ。

と話はちょっと逸れましたが、たまにはこういう家族で夜遊び(?)もいいもんですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:48| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギョロ成長記録@3歳6ヶ月

オトナみたいな口調の3歳児。それをかわいい〜、と目を細めたいところですが、実際は、、、めんどくさ。

+ ちょっとでも注意されると、「マミー怒るの好きじゃない」「ギョロ、一人でぽぽちゃんと遊んじゃう」「ギョロ、ベイビーハッチだけ好き」とか、いじける。最初の頃はびっくりしてひるんでたマミーですが、最近は「あ、そうですか」とその場を去ろうとすると泣いて追いかけてくる(笑)。
+ おもちゃを巡ってハッチとの争いが激化。飽きたおもちゃでも、ハッチが触ろうとすると怒る。めんどくさ。
+ 毎朝着ていく服でバトル。スカートは外で遊びづらいので平日はダメ、と言ってるのですが、すぐ忘れてしまう。めんどくさ。
+ 相変わらず野菜好き。特にベビーキャロットが好きで、毎日おやつに食べます。
+ 大好きなクラスメートのファッションを真似たがります。「アリアンナがつけてるピン欲しいの」とか、「ルーチャのドレスが欲しい」とか。ふぅ〜。
+ 誰かを病気にさせて看病するのが好き(笑)。最初はお人形のぽぽちゃんに始まり、ハッチ、そして今はマミーまで「マミー、病気になって?」とお願いされます。「いいけど、将来医者になって?」と言う私。
+ アイフォンの子供用アプリトーキングカールがお気に入り。カールがかわいい声でユーザーの言うことを真似るだけのアプリなのですが、「違うの!ギョロが言ってるの!」と真似されて怒ったりしてます。


笑顔がまぶしい3歳児です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

ハッチ成長記録@21ヶ月‏

この明るさがみんなを虜にするハッチ。

hacchi_usirosugata_201006.jpg

+ 笑いのつぼが浅い。一人で絵本を読んで「いひひ〜、これ、ペンギン!」と大笑い。いつもと違う動物なんかが出てくると涙流す勢いで大笑いしています。
+ 裸好き(笑)。誰かが裸になると『見て〜、すっぽこぽんた!」と大笑い。上半身裸でジョギングしているお兄さんを見ても大笑い。自分の裸も大好き。それはデイケアの他の子供たちにも伝染したそうで、子供たちがみんなして裸になりたがり、先生は困っているそう。
+ お姉ちゃんとおもちゃをシェアするのはこの年にしては得意なほうだと思うけど、お気に入りの場合、すごい剣幕で怒ります。怖い怖い。
+ ご飯はよく食べますが、最近野菜や果物の消費量が減りました。前は大人以上に食べてたのに。
+ ワンコのベストフレンド。「ワンちゃん、ごめんね?」(なぜかいつも謝ってる)と頭をなでなで。
+ マミーよりもお姉ちゃんを頼ることも増えました。靴をはくときなんかは、マミーのヘルプを拒否。かたくなにギョロの助けを求めます。
+ 今月は夜泣きは少なかったかな。出張帰りなんかは不安定なせいで増えるのだけど、それ以外は一晩眠れます。
+ フレンドリーで、誰に対しても手をふって挨拶。ただダディマミーの姿がちょっとでも見えなくなろうもんなら号泣。その変わり身の早さはぴかいち。

この丸顔にほっぺをすりすりするのが、マミーの日課。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 次女ハッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。