2010年10月05日

対立する考え

ママ友達と集まる機会がありました。子供たちを好きなように遊ばせて、こちらはママ同士の会話を楽しんだわけですが、話題はママとして仕事をするかしないかに移りました。

内容は「子供ほおって、息抜きして、お金までもらえるほうがずっと楽。私もそうしたいよ」とか、「でも子供が大切だから、子供を他人に預けることはできない」とか、そんな感じ。人それぞれいろいろな考えがあるから、違う考えを見聞きするのは当たり前だし、どっちがいい悪いじゃないですよね。それにこの手の話題は初めてではない。それは分かってはいるのですが、この年になって非常〜にInsecureな私。自分と違った意見を真っ向からぶつけられると、自分が否定されたような気持ちになります。全然そういうつもりが向こうにないのはよく分かるのですが、どうしてもネガティブにとってしまう。

どうしてネガティブにとってしまうかというと、私がそのことに非常に罪悪感を持っているから。私だってできれば子供を他人に預けたりしたくないですよ。他の日本人の子供たちと遊ばせて、日本語を上達させたいですよ。でもそういうことができる環境にある人とない人といるわけで、うちは後者なので、子供たちには申し訳ないな、と常々思っているのです。だからそこをつかれるとすごく痛い。そして傷つく。

それに現実は息抜きになるような仕事ばかりじゃない。終わりのない残業とありえないクライアントの要求に毎日接する仕事だってある。一人でお茶飲む時間がないのは専業ママだけじゃなくて、私だって同じ。そんなのは専業兼業に関わらず、小さい子供のいる家庭ではきっと普通。私の場合、朝起きてから夜寝るまで自分のことをする時間なんてたぶん10分くらいじゃないかな。

そしてみんながやってる当たり前のことがまったくできてない現実。それはこの寒くなったのに衣替えが済んでいないことだったり、掃除機が週に一度かけるのが限度だったり、子供に何も習い事をさせてあげられないことだったり、ボランティアとかリサイクルとか大切であるけど生きてく上である意味不要なものをすべて排除することだったり、とにかく自分自身にフラストレーションがたまる毎日。こんなの私が望む生活じゃないけど子供が欲しかったんだから仕方ないとあきらめる日々。こんな日常を何とか生きる私が「楽な生活」を送っている?と、ついムカッとしてしまう心の狭い私。

思ったことを言い合える友達の存在は貴重。でもその意見が相違したときにいちいち心の中で荒波がたつ私は、そういう友達はできないのかもしれないですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
出来る限りする、っていうのでいいんだと思うよ、っていうかそうやって私は自分にいいきかせてる。。
ただ、仕事が絶対にプライオリティにならないように心の調節してる。ある意味、あんまり頑張らないようにしてるというか(汗)
子供の習い事も、しなければしないほうが絶対に私の仕事に有利だけど、子供に習わせたいから、仕事をなんとかそれに合わせる、、、っていうふうな調節。
かなり顔の皮があつくなってきたから、こういう風なこともできるようになってきたのかも。。
Posted by Jacko at 2010年10月05日 07:25
■Jackoちゃん
そうだよね、どこかにしわよせが来なくちゃやりたいことなんてなかなかできるもんじゃなくて、そのしわよせは家庭じゃなくて家庭を支えるために必要なもの(私だったら仕事、専業ママだったら収入)のほうを犠牲にする形にしないとだめだよね。でも私は本当にこのバランスとるのが苦手。大学の成績もAと落第のDは取れても、さくっと勉強してBやCでクリアってのは一番難しかったっけ。

3時半に会社出るのは確かに勇気要るかも(笑)。でも結局会社なんて家庭のことを考えてくれるわけじゃないから、こっちもちゃんと自分の要求伝えないとダメよね。今後の私の課題。
Posted by たもも at 2010年10月05日 10:18
私、この間長男くんが熱だして、でも休めないときに近所のママから
「え?仕事いくの?かわいそうに。。」
といわれて、ああ、このママとは合わないかも。。なんて思ってしまったよ。
(そんだけで区別してしまう私ってひどいな。と後でちょびっと反省したが)

でもね〜結局、私は家にいても、家事完璧にはこなせないよ、育児も。

長男君は確かにかわいそうだし、私も罪悪感はもつが、違うところで一緒に遊んだり、私なりの精一杯の愛情をみせて、それは子供たちもわかってくれているのだと思う。(って勝手に)

まあ私はたももちゃんと違ってすごいキャリアで働いてなくて、ある程度自分でゆるくしているので、勝手なことをいっちゃうけど、

たももちゃんができる限りしてるならそれでいいと思うよ〜

ママ友って不思議だよね、独身の時や子持ちじゃなければ友達になってないだろうな〜って思う人と仲良くなってたりするしね。笑

ま、これも母としての貴重な経験だってことで。笑
Posted by pgy at 2010年10月05日 21:17
■pgyちゃん
「かわいそう」発言は私の場合もう耳タコ(笑)。そうなの、確かにかわいそうなんだよね。でもそんなことあんたに言われなくても分かってるよ、と言いたくなる。でも向こうは本当に自分の子供のことを思って正直に言ってて、もうそのすれ違いがちゃんと分かってはいるのに自分の感情って勝手なもんだよね。

そうそう、ママ友って本当に不思議。それに私の場合は海外在住日本人って枠も加わるから、日本で独身時代に付き合ってた友達のタイプからは180度以上違うよ〜。でもそれって決して悪いことじゃなくて幅広がった気がする。最初は修行気分だったけど(爆)。
Posted by たもも at 2010年10月06日 10:20
かわいそう発言のコメントを読ませていただきました。

私は、近所の日本人ママ専業主婦友達から直接言われたことはないのだけど、自分の親に思いっきり言われて、ムカっとすること多々です。笑

彼らにしたら他人の子供じゃなくて、孫だから、かわいいもんだから、思いっきり非難がこめられててさあ。

やはりここでも、『出来る限りの事はして』子供の病気を乗り越えていくしかないもんねぇ。
お互いがんバロー!!!
Posted by Jacko at 2010年10月06日 19:05
■Jackoちゃん
そうそう、そこがポイントなの。意地悪で言ってるんじゃなくて、子供かわいさに言うんだよね。だからこそこっちは「そんなこと分かってるけど、親としてこれが最善だと判断してがんばってるわけで」って説明したいけど、やっぱり人は程度の差はあれ頑固だからね(笑)。自分と違う考えはなかなか受け入れられないわよ。私たちが専業主婦にならないのと同様で(笑)。

でもほんと、できることはできる限りのことをするだけ。埋め合わせの意味もこめて、毎日全力で子供に接してるよ。がんばろうね〜。
Posted by たもも at 2010年10月07日 21:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。