2010年10月08日

日本のファッション雑誌

日本語幼稚園のママ友達から日本のファッション雑誌をたくさん(2年分X3種類)いただきました。お、重い・・・。

OGGIとVERYとCLASSY。OGGIは仕事をするようになってから何度か買って読んだことがあり、VERYはママ友達からまわってきたことが何度かあり、CLASSYはお初。日本語の活字に飢えているので嬉しい限りですね。

で、こういう雑誌を見ていつも思うのですが、日本では本当に皆さんこういう格好をしているのでしょうか??私も日本で1年ちょっとOLをしたことがあるので、OLさんたちがどれほどオサレかは一応分かってるつもりなのですが(私はそのオサレ組の一人ではなかったけれど)、分からないのがVERYに載っているような小さい子供を持つママたち。2歳の男の子と半年になる赤ちゃんがいるお母さんがこのピンヒール?!みたいな。公園に行ったらヒールがずぼずぼ地面に入るんじゃない?ただでさえも日本は徒歩が多いし、今回も道路がでこぼこで歩きづらい印象だったのに。家の中でも小さい子供がいるのにこのミニスカートですか?ケチャップとかこぼされたらどうすんの?

入園式ファッションはこれで決まり!入園二日目はこれでうかない!運動会ファッション特集!・・・なんじゃそりゃ。入園式や運動会ってファッションが決まってたっけ?あまりに昔過ぎて覚えてないけど。

あとリーズナブルなお値段のファッション特集なんかもあって、3900円の激安Tシャツなんかが出てましたけど、、、本当に安いかそれ?私にとって安いTシャツと言えばアウトレットで買う10ドルくらいのもののことを言いますが。給与格差と言われればそれまでだけど、日本のサラリーマンの平均収入とか見てると決して特別に裕福な印象は受けなかったんだけどねぇ。

あとメイクとかネイルとかすごいですね〜。手先足先まで抜け目ないんですね。私みたいに爪切る時間ないとか言ってる人はいないようです。もちろんノーメイクなんて犯罪者扱いだなこりゃ。

こちらにいると周りがみんなカジュアルなので、私もいつの間にか感化されて同じくカジュアル。それでも日本の会社で働いてたらまだ日本の感覚を失わずに済むんだろうけど、私の会社は日本人は皆無なのでこういうとこだけ思いっきりアメリカナイズされました。基本的にいつもTシャツとジーンズ。だから日本で言うパジャマ級の格好でモールとか行っちゃってるかも。たまに友達と出かけるときにちょっとだけいいもの着たりするけど、それでも日本に住む人の感覚からするとコンビニファッションとかかも(笑)。そんな私だけど、時々あなたのファッション好き、的なこと言われたりするんですよー(←なんか必死)。

今回日本に帰ったとき、みんなかわいい格好しててお人形さんみたいだなって思いました。うちの実家の母親なんかは「アメリカ帰りとは思えないひどい格好だね」と呆れますが、いやいや、アメリカ帰りだからこれなんですよ。だから逆パターン(日本からアメリカに遊びに来た日本人)もすぐ分かります。NYに出張に行くと、言葉を聞かなくても日本人観光客はすぐに格好で分かりますよー。みんなかわいいもん!

唯一日本のファッションの流行についていってるのがうちの子供たち(笑)。じじばばが毎月のように洋服を送ってくれるので、彼女たちの洋服はほとんどが日本のものなのです。うらやましい。ばあば、ママンの分も送ってください。

アメリカに来てカジュアルになるのは簡単だったけど、逆はきっと難しいな。いただいた雑誌を読みながら、ますます日本から遠ざかった気分になった私です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:46| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

英語の発音あれこれ

あまり言いたくないけど、もう在米12年になるので、英語を聞き返されることもほっとんどなくなりました。

traffic.JPG

とは言っても、私はどうやら耳が悪いらしく、こんなに毎日英語漬けの暮らしだと言うのに英語の発音が非常に悪い。ごくたまに自分の話す英語を聞くことがあるのですが(夫の携帯に残したメッセージを聞いたりして)、いや〜、ひどいもんですねこりゃ。言い回しや文法自体は(おそらく)間違ってないんだけど、発音が12年前にこちらにきたときとまるで一緒。

でも私の周りの人は私の発音に慣れているし、仕事上で初対面の人と話す際は注意してはきはきしゃべるようにしているので、聞き返されることはほとんどありません、、、が、たま〜にあります。そういうときはよっぽどひどい発音をしているとき。先日も出産したばかりの友達に作ったばかりの夕飯を届けたのだけど、旦那さんがその夕飯は何かと聞くので、「サーモンだよ」と言うと、「何?」と聞き返されました。この会話の流れで何かディナーにメインで出てくるような食べ物だということは分かっているのに、そういう限られたリストの中から想像しても分からなかったというのは、相当発音が悪かった証拠ですね。そうそう、このサーモンの発音、何度も夫に直されるんだっけ。日本語だとサーモンだけど、英語だとセーモンみたいな発音ですよね。アップルじゃなくて、エップルみたく発音するのと同じ要領で。普段気をつけてるんだけど、また油断してしまった。

だいたいこうやって英語がどんどん日本語化するからややこしいんだよな、と責任転嫁する私(←だから上達しない)。サーモンは鮭だけど、日本語でもサーモンって言いますよね?スモークサーモンとかさ。アップルはりんごだけど、アップルパイとか言うし。めんどくさいなーもう。りんごパイでいいいじゃんか(あ、でもパイがまだ英語!)。アイフォンのアップル社も「りんご社」と改名しなさい。

ちなみにうちの子供たちはこの英語の日本語読みが非常に苦手。バイリンガルの特徴ですね。シンデレラとかアリエルとかシリアルとかポップコーンとか和風には言えません。ましてアップルやサーモンなんて無駄に混乱するだけなので今後も教えるつもりはありません。

子供たちの英語と言えば、英語の発音が超アメリカ人ですごい違和感があります。子供たちがダディと英語で会話しているときの発音が当たり前だけどまるでアメリカ人。私のお腹から出てきた私の子供なのに、こうやってアメリカ人みたいに英語を話す事実がものすごく変な感覚。私ったらアメリカ人生んじゃったよ!みたいな。かと言っても私の英語の発音が遺伝したら、それはそれで困りものですが。

「アリエルはモーマじゃん?」と相変わらず唐突に会話を始めるギョロ。モーマ??まさかMOMA(Museum of Modern Art)?意味が分からずよくよく話を聞いてみると、アリエル=モーマ、つまりマーメイドのことだった(笑)。いや〜これは上級者コース。英語読みを無理やり日本語読みに直すのはよくあることだけど、久々に右脳使いました。

先日ギョロのクラスメートの妹ちゃん(ピックアップのときに時々会う)の名前をギョロに聞くと、「ジェーバ」みたいな名前(もう忘れてるし)でした。でもうまく発音できなかったので、ギョロが「な〜に、ジェーバって〜」とハッチまで交えて大爆笑。「はいはい失礼しました」と言うと、「マミー、英語だからちょっと難しい?」ととどめをさされる母(笑)。ええ、ええ、英語難しいですよ。だからマミーとは一生日本語でお話しましょう。

将来は私が子供たちに英語の発音を直してもらって、私は子供たちの外来語の日本語読みを直せば、力関係バランス取れていいんじゃないでしょうか(笑)。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

Happy Halloween in 2009!

本日はまちにまったハロウィン。家族で仮装してお友達の家のハロウィンパーティーへお呼ばれしてきました。

halloween2009_1.jpg
ハロウィンちっくなご馳走

ギョロはミツバチ、ハッチはかぼちゃ、夫は海賊、そして私はアンパンマンになりましたよ。大人も仮装要なパーティーだったのでね。ノリの悪い私なので、このくらい強制されたほうがいいですね(笑)。おかげで大人も楽しくはじけました。

halloween2009_5.jpg
ミツバチ & かぼちゃ

halloween2009_6.jpg
ノリの悪いアンパンマン

halloween2009_2.jpg
みんな本格的

ギョロにとっては3度目のハロウィン。でも今回が本当の意味で初めてのハロウィンかな。だって生まれて最初のハロウィンは赤ちゃんだからただ無理やりコスチューム着せられてパレードに参加させられただけだし、去年だって近所のショッピングセンターをまわったけどそれもワケ分かってなかったし。今年はお兄ちゃんお姉ちゃんたちと一緒にTrick or Treatingをしっかりしてきました。

同じ年頃の子だけで周ればよかったのだけど、ギョロのお友達はみんな年上。だから一緒に周ると言ってもかなり遅れを取るギョロちん。しかもドアの前まで行くのに長い階段を上らなきゃいけない感じのタウンハウス郡だったので、ついてくのも一苦労。そんなんで頑張ってのぼりきったあとにはみんなキャンディーをもらい終えたあとだったり、大きいお姉ちゃんたちの後ろに隠れて見えなかったりデ、キャンディーをもらえないこともしばしば。「かわいそうなギョロちゃん」と涙ぐみたい気持ちなアホ親な私(笑)。でもギョロは全然めげずに、それはそれは頑張ってTrick or Treatingに参加していました。大きくなったもんだな〜(涙)。

halloween2009_3.jpg
がんばれギョロ!

子供達は「かごが重くて持てなーい、持ってみて!重〜い!」とキャンディ自体よりも自分の功績に酔っている様子なのがかわいい(笑)。子供達は無邪気でかわいいな。子供嫌いだった私はどこへやら。

halloween2009_4.jpg

家に帰って子供達は早速お菓子をほおばります。ギョロは、、、私が家から持参したオーガニックのクッキーのみ。こういう歯にくっつく系のキャンディーやチョコレートはやっぱり早いものね。ギョロも普段からそういうことに関して厳しいママがまさか食べさせてくれるとは思ってないので、素直にオーガニックのクッキーをおいしそうに食べていましたよ。このキャンディーたちは今夜ゴミ箱行きです。あ〜、エコじゃないよな、と自己嫌悪な私。

ちなみにハッチは海賊(夫)とお留守番。微妙に小雨が降っていたし、ハロウィンが分かる年でもないし、どうせ外に出たってすぐ疲れて泣くし。夫は他の男性郡と映画とか見てくつろいでました。

ああ楽しかった!在米11年になる私ですが、こうやってTrick or Treatingに参加したのは実は初めて。というより子供の少ないエリアに住むことが多かった私なので、子供達がひっきりなしにきてキャンディーをあげるって経験も実はほとんどありません。だから親子で初体験。こういうのがこれからどんどん増えてくんだろうな、と思うと楽しみ♪


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 05:21| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

Trader Joe’s

在米日本人のあいだで知らない人はいない大人気なトレジョ。実は在米10年をとっくに過ぎるにも関わらず行ったことがなかったのです。最近いくつかのブログでトレジョの話題が出たり、昨日の女子の集まりでまた話題になり、ぜひ行ってみないことには、と家族総出で行ってみました。

flower061609.jpg

感想・・・、楽しすぎる!冷凍食品が全ておいしそうなのはなぜ?スナックが全て健康志向に見えるのはなぜ?ってかワイン安すぎだから!こんなに楽しいスーパーがあるならもっと早くから行ってればよかった〜。

明日から一週間私は出張なので、夫と子供達はトレジョの冷凍食品で過ごすことになりました。でも罪悪感は以前より激減、っていうか私も食べたい!日本人同士の集まりに行くとよくトレジョのデザートとか前菜とかにお目にかかることがあったのですが、全部おいしかったんだもの、きっと今回買った冷凍食品もそう悪くないはず。一週間分の冷凍食品を買うつもりが、たぶん3週間分くらい買ったかも(笑)。

でもね、たぶん週に一度の買出し@週末には組み込めないかな。かなり混んでいるから疲れるし、何よりも我が家はひとつの店で全部の買い物、たとえばダイパーだとかシャンプーだとかも、を済ませないと時間のやりくりの関係で難しいので、トレジョではそれが叶わないのです。きっとたまの家族のレクリエーションの一環として、トレジョツアーがたまに登場するくらいかな。

ちなみに今夜のデザートはトレジョブランドのマンゴーのケーキです。すっごくおいしいんですよ。楽しみ〜♪


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:08| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月20日

歯医者へ

歯医者へ行ってきました。半年に一度行くのでが、去年の年末は出産・育児・引越しなどで行けなかったので、約一年ぶり。

適当に保険会社のウェブサイトにあるリストから近くの歯医者を選んだのだけど、う〜ん、なんか微妙。ずいぶんいろいろやり直しさせられそうだし、クリーニングも痛いし(すごい血が出た!)、雑だし。受付もあまりフレンドリーじゃないし。

OB/GYNもそうなのだけど、以前住んでいたところはちょっとした田舎で南部のホスピタリティーがあるようなところだったので、病院関係の居心地がよかったんだよな。居心地いいけど仕事そのものはのろかったりするのでまぁどっちを取るかだけど、やっぱり都市部に来るとこういう面でも違いますね。

一応フィリングやクラウンのやり直しのための予約を再来週に入れたのだけど、どうしようか考え中〜。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月04日

お花見

お友達夫婦を誘って、桜を見てきました。

sakuramatsuri1_2009.jpg

sakuramatsuri2_2009.jpg

お祭りも開催されるとのことで、辺りは激混み。混雑を予想してメトロで出かけたのが正解。でもメトロ自体もとても混んでいて、切符を買う行列が長いったら!私たちは先週メトロカードを買っていたのでその列に並ぶことはまぬがれたのですが、もし買ってなかったらと思うと恐ろしい。

電車は確かに普段とは比べ物にならないくらい混んでいましたが、日本で満員電車の通勤通学を何年も経験した私にとっては朝飯前〜。こんなんなんでもありませんよ。その血を受け継いで、ギョロもハッチもおとなしく乗っていました。

日本の屋台やらステージやらいろいろあって会場は盛り上がっています。私たちも早速焼き鳥でも買って桜見ながら食べよう・・・と思ったのですが、ものすごい混み方で子連れではとても買えない雰囲気(=待ち時間が長い)。結局普通のサンドイッチ屋でサンドイッチを買い、桜のある公園へ向かいました。

が、ギョロがその途中で凧揚げしている団体を見つけて大興奮。「凧見る〜!」と座り込んだので、しょうがなくそこでランチ。桜祭りに来たと言うのに、普通のサンドイッチを食べ、桜も見ずに代わりに凧を見ると、なんとも我が家らしいはちゃめちゃな感じでしたが、子供達の笑顔がまぶしくて、それだけで私たちも楽しくなりましたよ。

でも来年こそは桜見れますように!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月28日

出身

お友達夫婦とお寿司を食べに行きました。

chirashi.jpg

ちらし寿司がおいしいお店で、私はいつも通り3色ちらし。お友達は日本人じゃないのでてんぷらとかスパイシーツナロールとか頼んでました(笑)。せっかく普通のお寿司がおいしいのに・・・。

私はハッチを抱っこしながら食べるのでいつもの通り立ち食いそば。片手にハッチを抱っこして、座ってるとテーブルに手がのびてしょうゆの皿をこぼして私のジーンズを汚したりするので(←経験済み)、立ったり座ったりしてあやしながら食べるのが一番結果的に楽なのです。落ち着きないけどしょうがない。

友人はアメリカ人とタイ人のカップルで、そのお店のウェイトレスもタイ人だったのでタイ人同士ちょっと話が盛り上がり、アメリカ人の旦那さんがどこ出身かという話題になりました。彼はアメリカ人ですが、生まれたのは韓国で、生後5ヶ月で養子としてミゾーリ州に住むイタリア系アメリカ人に引き取られたので、見た目は韓国人でも中身は完璧にイタリア系アメリカ人。だから出身を聞かれると「ミゾーリ州」と答えたのですが、「え、でも・・・」とウェイトレスが言いかけたので、慣れた感じで「韓国で生まれたんだ」と答えていました。

この光景、アジア系アメリカ人のあいだでよく見ますねー。彼の場合特に韓国の文化も何も知らないどころか、両親に置き去りにされたという事実しかない国なのに、生まれはそこ、と答えなければいけないのだから、複雑だろうな。まぁ、本人はあっけらかんとした性格なので、さほど気にしてないそうだけど。

私もNYの出張はタクシーをよく使うのですが、ドライバーに時々「どこから来たんだ?」と聞かれます(ドライバーは移民が多いので、おそらく仲間意識で)。それで自分の住む州を答えると、「いや、でも本当はどこから来たんだ?」みたいに聞かれるのですよ。いやー、本当にそこに住んでるんだけど・・・、と思いつつ、「生まれたのは日本だけど」と答えると、満足そうに「日本かー、こんにちは!」なんて喜ばれたり。

これってヨーロッパ系の移民も同じこと聞かれるんだろうか?きっとアジア人ほどの頻度じゃないだろうな。まぁ、私は個人的に出身を聞かれるのは嫌いじゃないけれど。

子連れ寿司、疲れるけれど、家にこもるよりいい。だから私は赤子2人連れて、外食も行くし、買い物も行くのだ!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 14:36| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

プレイデート

午後から半休を取って我が家にお友達を呼んでプレイデート♪

ギョロは相変わらず自分の家だと言うのに多くのお友達を見て大泣き。デイケアに一日中行ってるとは思えないこの人見知り度合い。まぁこれもギョロの人となりなので、暖かく見守っています。一時間くらいするとだんだん慣れてきて、今度は一人ハイパーで大笑いしながらお姉さんたちのあとを追い掛け回すギョロ。こういう姿を見ているのはとても心温まるものです。

さてバレンタインウィークということで、今週はデイケアでもいろいろバレンタイン関連のイベントがありました。

valentines2009.jpg
ギョロのクラスメート用(疲)

ハッチはクラスでバレンタインのカードを作り(足型押しただけだけど)、木曜日の夕方に(親が)ケーキを食べつつのパーティー。ギョロは一週間かけてバレンタインエクスチェンジ用の箱を手作りし、金曜日にみんなとプレゼントやカードを交換して、夕方は親みんなが持ち寄ったケーキやクッキーを食べつつのパーティー。私たちは木曜日は停電騒ぎで忙しかったし、今日金曜日はプレイデートが入っていたのでパーティーは参加しなかったのだけど、二人のカードや手作りのボックスを見て楽しみました。

このバレンタインエクスチェンジ、私はお初だったのですが、どうもプレゼントを頑張りすぎたよう。。。写真にあるようにハロウィンみたく袋の中にキャンディ類をぱんぱんにつめて、カードも手書きしてクラスメート全員分を持って行ったのだけど、戻ってきたギフト類を見てみるとみんなほとんど小さなカードのみ。なんだー、こういうのでいいのか!私も夫もアメリカで生まれ育ったワケではないので、こういうことが分からず、経験と共に試行錯誤を重ねていく感じ。またひとつ学びましたとさ。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 21:25| Comment(3) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月07日

ワンプレートなご飯

今日のご飯はこれ

tonkatsu.jpg
トンカツとかぼちゃの煮つけ〜

アメリカに来てからというもの、こうやって平皿に全てのっける感じのディナーばかりでした。だって洗うのも片付けるのも格段に楽ですから。ディッシュウォッシャー使うくせにこれだから、筋金入りの怠け者♪

数ヶ月前新しい土地に越してきた際、使っていなかったお茶碗やお味噌汁のお碗がごっそり見つかり、せっかくだから使わなきゃーとがんばって使っていたのですが、仕事開始と同時にあっけなくそれを終了。平皿だとフォークで食べるので、フォークもディッシュウォッシャーに入れられるけど、和食器だとお箸でしょ?お箸は手洗いだから、それもめんどくさいし。。。

でも最近はギョロがお味噌汁にはまっていて、お碗に口をつけてずずっとすすっておいしそうに具も食べるので、毎日お味噌汁を作っています。今までは時間短縮のために汁ものなんて一切作らなかったけど、やっぱりあると豊かな気分になります。だから頑張って作ってます・・・ってそんな大げさな食べ物じゃないけど、時間との戦いな夕飯前にお味噌汁を作るってのはけっこう負担になったりしませんか?私だけ?

ギョロが私たちが食べるのをよく観察していて、私たちのプレートに乗っていて、自分のプレートに乗っていないものがあると大いに抗議する食いしん坊な様子を見て、やっぱりワンプレートじゃないほうがいいかなーなんて思い始めています。和食を和食器で食べて育ったほうが、日本の心が伝わる?なんて思ったりして。食育って大事だもんね。

ま、無理のないように週末から和食器なディナーに変えていこうかな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 13:27| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月27日

Happy Thanksgiving!

毎年恒例ですが、夫がターキーを焼きました。でも今年はなんと写真はなし。途中ハッチが泣き出したりしてバタバタしてるうちに食べ終わってたと言うありがちな夜だったので。

thanksgiving2008.jpg
大好きなお友達との楽しい夜でした。Byギョロ

去年は細々サイドディッシュも作ったのですが、今年はいさぎよくターキーとマッシュポテトとサラダ、そしてデザートのアップルタルトのみ。アップルタルト以外全て夫担当。買出しも作るのも片付けも全て。こんなにありがたいことはありません。仕事が妙に忙しかったのでこのシンプルなディナーになりましたが、多く作りすぎても結局残り物が増えてしまうし、これからはこのくらいシンプルでいいかも、とちょっと思ったり。

毎年誰かを招待しているのですが、今年は新しくお友達になった同じ市内に住む一家を呼びました。ギョロがそこのお家のお姉ちゃん@5歳ととても気が合って楽しそうなので、ぜひ来てもらいたかったのです。普段デイケアに預けっぱなしなのでお友達とどんな感じで触れ合っているのか分からないので、こういう機会は貴重。大笑いしながら走り回る子供たちはとてもかわいかったです。

もう一人、タイ人のお友達も呼びました。彼のレストランは今日はお休みだそう。去年はオープンしたのですが、来客数1テーブルだけだったそうで(笑)、今年はその学習の結果お休みに。

4連休は楽しいな〜。明日は何しようかな〜。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 06:58| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

ハロウィン

今日はハロウィン。ギョロは生まれてから2度目の、ハッチにとってはお初のイベントです。

halloween2008.jpg
タイレストランのお友達とツーショット

ギョロは去年は1歳になる直前で、なーんもワケが分かっていなかったので、ただ衣装を着てデイケアでのパレードに参加しただけでしたが、今回はしっかりと意志を持って歩くので、家族で近所のショッピングセンターへ家族4人で行ってきました。中央ステージでのマジックショーが夕方4時に始まり、そのあとはそこに入っている店でTrick or Treatのキャンディを配布してくれるとのなんともありがたいイベントなのです。ギョロもかごを持って早速参加・・・のはずだったのですが、夫が仕事帰りにしっかりと渋滞にまきこまれ、会場へ到着したのはキャンディ配布が終わる5分前。急いでお店を回ろうとしたのですが、ほとんどのお店でキャンディが全てなくなってしまった後でした(泣)。ギョロがゲットしたキャンディは合計2個・・・。まぁ、それでも実は全然オッケー。どっちみち彼女にはこういうお菓子は食べさせないことにしているし、ギョロ自身キャンディが何かも分かってないし、ハロウィンの意味合いももちろん分かってないので。

今年のギョロの衣装はミニーマウス。One Step Aheadでひとめ惚れしたもの。すっごーく似合っててかわいかったのですが、同じ衣装を着ている子供2名に遭遇。思うことはみんな同じですね〜。ギョロはみんなに「まぁかわいい!」ともてはやされ、ビデオや写真を撮られたり、知り合いのお兄さんお姉さんにハグされたり、大人気。夫もそんなギョロを誇らしげに見守ってギョロについてまわっているのですが。。。あの〜、もうひとり新生児がこっちにいるんですけど!ハッチだってちゃんとパンプキンの帽子をかぶっているのに、誰も写真一枚も撮ってくれない!それどころか(夫含め)誰一人振り向いてさえくれない!!ハッチ、来年こそはもっと目立つ衣装にしてあげるからね。

家はコンドなこともあって、周りには小さな子供達がほとんど住んでいないので、家にキャンディを取りに来たのは何と一組(寂)。でも地域でこういうイベントを催してくれると助かります。来年はもっと早く出陣してもっと楽しもうね♪


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 12:41| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月31日

借金天国アメリカ

ギョロが普通のご飯もふりかけご飯も食べなくなったので、毎日炊き込みご飯の我が家です。

takenoko_gohan.jpg
たけのこご飯!

話は変わって。。。

日曜日の午後にマックストアでiPhoneのケースを買ったのですが、そのときにクレジットカードがDeclineされました。今までも数回そんなことがあったので(たぶんネットワークがダウンしてたとかで)、その時はバンクカードを使って買い物をしたのですが、今朝もスーパーのレジで同じ現象が起こりました。と、止められた…?!

我が家は実はこの国では希少的存在と言われる現金主義。食料品・日用品以外の買い物をあまりしないこともありますが、ほとんどがすぐ引き落としされるバンクカード、私はマイレージを貯めたいので細々クレジットカードを使うこともありますが、翌月にはさくっと全額ペイオフします。だからカードを使いすぎて止められると言うことは考えにくいのです。

カード会社に電話してみると犯人は土曜日に購入したiPhone達。普段大きな買い物をしない私たちのカードにいきなり1000ドル以上のTransactionが起こったので、カード会社がストップをかけたようです。いや〜、見張っててもらってありがたい限りですが、一言事後報告をしてもらえるとパニくらないで済んだんですけどね。

この国ではクレジットカードに借金がある人たちがたっくさんいます。ない人はいない、と言っても過言じゃない気がする(私の周りを見て)。「クレジットカードは財産だ」と公言しちゃってる人もいるくらいですが、冷静に考えれば財産っていうかただの借金ですよ。

でも役立つときももちろんありますよね。そう、非常時において。私たちもいざ病気をしたり、仕事がなくなったりしたときのために、現金主義とは言えクレジットカードは作っておいてます。その昔、夫婦二人で学生だった頃、ものすごーく貧乏で、でもバイトをする時間も取れなくて、カードで生活費をまかなった時期がちょっとだけありました。でも卒業後に第一優先にしてペイオフしましたよ、ものすごーい額の利子と共に…。この利子って考えれば考えるほどバカバカしいものですよね。

全部現金が貯まるのを待つワケなので、不便も生じます。新しい家に引っ越すときなどブラインド、シーリングファン、電化製品、そして家具などすべて現金で(しかも貯金をできるだけ崩さずに)まかなうワケですから、ちょっと時間がかかります。でも見栄のために借金は作るワケにはいきませんからねー。

この辺の金銭感覚が夫と私は似通っているので、衝突がなくて楽ちんです。夫も私も人付き合いにおいてはケチケチしないタイプ(ギフトとかごちそうとか)ですが、その他ではちょっとの息抜き以外は無駄遣いしないし、大きな買い物も慎重派。こういうバランス感覚が合うって結婚生活でとても重要だと思います。周りを見てると、金銭が絡んだ夫婦喧嘩ってエネルギー使いそうなので…。

便利なクレジットカードですが、カードに頼るのが当たり前みたいな風潮はなんだかなーと、相変わらずガチガチ頭の私です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 01:14| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

10年前の英語

相変わらずすんごい勢いで過ぎていく週末でしたが、なんとか超特急でパンプキンチーズケーキを焼きました。

pumpkin_cheesecase.jpg
これ以上簡単なケーキはないけど、けっこうおいしい!

本当にただフープロでががっと混ぜて焼いただけ。分量さえ適当…。でも市販のお菓子をあげないことに決めているギョロに食べさせたくてがんばっちゃいました♪

話は変わって。

先日在米10年目になる私の英語がどんなものかを書きましたが、10年前はどんなだったの?と気になる方もいらっしゃるかと思って、上達ぶりも記してみることにしました。

アメリカに来る前は実はタイに住んでいて、英語もタイ語も同じくらいのレベルでした。まぁ、どちらも低かったと言うことですね(笑)。でもタイ語のほうが慣れていたので、こちらに来たころは英語を話そうと思ってタイ語が出てくることがよくありました。

こちらに来てすぐ大学に通い始めたのですが、私はESLに行くお金などこれっぽっちもなかったので、大学に飛び込みました。今考えればあの英語力で無謀な話ですが、あの頃は必死だし、精神的にも若かったのですねー(しみじみ)。

その頃の英語力と言えば。

1. 関係代名詞が使えない。
2. 文章は作れるけど、二つの文をくっつける感じの文章(IfとかWhenを使ったもの)だといい終えるのに数分かかる(笑)。
3. 先生の言ってることは15%くらいの理解度。
4. 周りの学生たちが言ってることは5%くらいの理解度(つまりほとんど分からない)。
5. 夫の言ってることは70%くらい分かる。
6. 教科書を読むのは遅いけど、でも授業の予習はほとんどできてたので、読むスキルはそこまで低くなかった。これがあの英語力にもかかわらず、成績がほぼオールAだった要因。
7. ペーパーは書けないので、リーディングラボの力をかりまくり。
8. 買い物やレストランでの英語も分からないことが多い。「Paper or Plastic?」も分からなかった。
9. 電話でのやりとりも苦手、と言うより向こうの言うことがほとんど分からないので、会話が成立しない。向こうにイライラされて怒鳴られたことさえあった。

いや〜、並べ立ててみると、こりゃー本当にひどかった(笑)。こんなんでよく大学に通ってたなぁ、と今になって感心します。何に感心するかって、へこたれずに意固地になって勉強を続けたこと。毎日悔しい思いもしつつ、「絶対見返してやる」って泣きながら勉強してたっけ…。もうこの根性は私にはありません。

だから10年経ってもまだこんなしどろもどろの英語で、落ち込むこともよくありますが、10年前と比べるとものすごーい進歩なのであります。そして普通にアメリカ人の友達が自分の力で(夫や子供を通してではなく)作れるという事実は10年前からしたら考えられないことです。

ギョロはアメリカ人として私のように英語に苦労することはないと言う事実はちょっと不思議な気分。日本人の私からアメリカ人が生まれちゃったよ、みたいな。でも私のような苦労はして欲しくないから、とても嬉しいです。でも同時にこうやって苦労している人の気持ちを分かるような優しくて視野の広い人間になってほしいなぁ、と願っています。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:11| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月09日

イースターバニーとの写真撮影

バレンタインが終わり、お店はイースター一色になりましたね。基本的にパステルカラーが大好きな私にはたまらないのですが、家のインテリアにはパステルカラーは持ち込まないことにしているので、何も買えません(泣)。

せめて気分だけでも、とギョロを連れてイースターバニーと写真を撮りに行きました。かわいい着ぐるみバニーを見たらギョロは喜ぶだろうなぁ、とワクワクしていたのですが、結果…、号泣。そんなもんです。

生まれて数ヶ月のクリスマス時期、サンタと写真を撮りに行ったことがあるのですが、まぁ当たり前のことですが、全然怖がる様子もなく。居眠りまでしていました。半年ほど前に行った子供美術館で着ぐるみのクマに会ったときもニコニコ笑顔でした。それなのにバニーはダメ??恐怖心が芽生えるのは成長の証なのでしょうがないことですが、あ〜残念。バニーとのツーショット写真がどうしても欲しかった(笑)!「慣れるためにも何度か遊びに来て、バニーを見せるといいわよ」とカメラマンの方に言われたのですが、残念ながら私にはそんな時間はないので、今年はあきらめましょう。

デイケアにいればイースターのエッグハントやクラフトをやってくれるのですが、今回は自分たちで考えないといけません。当日はギョロとゆで卵にクレヨンで色をつけたり、お友達とエッグハントをしたりしようかな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 12:19| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

在米10年目の英語力

昨日の夜のおかずです。

chicken_wing.jpg
ドラムスティックをお酢と砂糖と醤油で煮ました♪

お酢はお肉をやわらかくする効果があるので、20分くらい煮ただけでお肉はほろほろ。何よりお手軽だし、ベジタリアンのギョロが大好きな肉料理のひとつなので、よく我が家の食卓に登場します。

話は変わって…。

実は今年は私にとって記念すべき年なのです。それは何かと言うと…、在米10年目〜♪1998年の10月にこちらへ来て以来、もうちょっとで10年になってしまいます。

来たばかりの頃は数年在米年数が長い先輩を見るだけで、「すごいなぁ」と感心してたもの。そして在米10年以上になるのに英語がたどたどしい(私よりはもちろん上手だったけど)日本人に会ったりすると、「10年もいるのに英語こんなもんなんだ」と失礼なことを思ったりしたものでした。

自分が在米10年目に突入して思うこと…、いや〜、上達しないもんですね、私の英語(笑)。10年もアメリカにいれば自然にぺらぺらになると思ってましたが、とーんでもない。まぁ、語学と言うのは向き不向きがあって、私はどうも苦手なほうなのである程度は諦めていましたが、まさか10年経ってもこんな状態だとは思ってもみませんでした。

アメリカでちょっとしたキャリアみたいなもんを持つ私の英語力はどんなもんかと言いますと。

1.買い物やレストランでは問題なし。でもウェイトレスに向かってジョークとかは言えない。
2.電話会社やカード会社との電話のやり取りは理解度80%−90%。細かな部分で聞き落とすこともありますが、大切な部分はわかっているのでそう困らない。でもカスタマーサービスの人に強いアクセントがあったりすると理解度は落ちます。
3.仕事では理解度90%。ただ周りの騒音が多い場合など、理解度はかなり落ちます。あとなんとなく緊張させられる相手だと、半分くらいしか分からないこともある。
4.プレゼンテーションなど、人に説明するときの向こうの理解度はおそらく90%くらい。たまに私の英語に慣れてる人が、私に取ってかわって説明してくれたりして、情けなくて泣けてきます(人前で涙は見せないけど)。
5.パーティーなどで周りが盛り上がってて、自分はそのグループになんとなくいるだけ、みたいな場合、理解度は40%。何よりも注意を払ってないし、スラングとか早口とか難関コースなので。
6.アメリカ人の気の置けない友達との会話だと、98%。リラックスしてるし、相手もなんとなーく気をつけてしゃべってると思うので(スラング使い過ぎないように、とか)、理解度はかなり高い。でもたまに知らない表現が出てきて、勉強になる。
7.映画の理解力。これは一番よく聞かれますが、私は字幕なしだと平均して60%とかです。映像のおかげでなんとかストーリーについてける感じ。ホントにリスニング力がないんです。

と、こんな感じ。書き出してみると、本当にひどいもんですねー(笑)?こんなんでよく仕事ができてるなぁ、と思いますが、なんとかなるもんです。特に私は技術職なのでプログラミングさえ組めれば多くの仕事が片付くし、ドキュメンテーションもテンプレートがあって、あとはちょこちょこ埋めていくだけ、なんてことが多いので、なんとかなっています。まぁ、そういう甘えが利く環境が英語が上達しない一番の要因と言われればそれまでですが、ね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:14| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

デイケアの先生へのクリスマスプレゼント

アメリカでクリスマス時期になると頭を悩ませがちなのが、クリスマスプレゼント。私たち夫婦は国内に実家はなく、両実家へはクリスマスカードだけ、という習わしになっているので、今までその心配もまったくありませんでした。私と夫も基本的にいつでもけっこう好きなものを買っているので、わざわざサプライズでプレゼントを交換することはしません。

クリスマス商戦に踊らされることのないお気楽な私たちだったのですが、今年はちょっとワケが違います。そうそう、1歳になったギョロがいるから♪私も夫も他の多くの家庭がするようなクリスマスやお誕生日に子供たちにすごい量のプレゼントをあげる習慣が好きではないので、ギョロ自身へのプレゼントは来年から購読を始めるこどもちゃれんじの教材がプレゼントということで合意したのですが、ギョロはデイケアへ行っているのでデイケアの先生たちへのギフトの心配があるのです。

アメリカではクリスマス時期に、アパートの管理人だとか、いつも行くヘアサロンのスタイリストだとか、子供の学校の先生だとかに小さなギフトをあげる習慣があるそう。幸い私は社会人になってからアパートに住んだことはないし、ヘアサロンも年に一度とかしか行かないし(←最悪)、子供もいなかったので、この習慣を身近に感じることは今までなかったのですが、今回ばかりはちょっと早めにリサーチを開始。実際プリスクールで先生をしている友達に聞いてみると、クラスのお母さんたちからまとめてギフトカードというパターンが最近は多く、それプラス個人個人で小さなギフトを送ったりするそうです。でも肝心の値段がまちまちだったので、数日前ギョロのクラスの生徒のお母さんを教室の外でつかまえて、いくらくらいのギフトをあげるのか聞いてみました(恥)。「日本から来たばかりで(在米10年)、アメリカの文化が分からないから」という長々とした言い訳と共に(笑)。彼女曰く大抵10ドルから20ドルのものを、一人一人にあげる、とのこと。たいしたことないって思うでしょ?でもギョロはInfantのクラスにいるので先生は4人もいて(4人の赤ちゃんに対して1人の先生と法律で決められているのです)、20ドルあげるとすると全部で80ドル。いや〜、いろいろお金がかかるもんなんですね。

結局私たちが用意したのは一人一人へのクリスマスカードとその中にそっとスタバのギフトカードを添えて。そしてプレゼントと言えばお世話になりまくりのアーモンドタルト(ちょこさんのレシピです)も個別にクリスマス用の包装して渡しました。渡すときにテーブルの上に巨大な豪華ギフトが4つも置いてあるのが横目に入り(他のお母さんからの先生たちへのプレゼント)、穴があったら入りたい気分になりましたが、まぁいいや。気持ちが大事ですもんね。

almond_tart121907.jpg
アーモンドタルト、焼きあがりました!

これからギョロを通していろいろなアメリカ文化を学んでいくんだろうなぁ。10年近くもアメリカにいてけっこう多くを分かったつもりでいるけど、実際まだまだ知らないことばかり。そんな謙虚な姿勢にさせられる今日この頃です。


その一票が明日の更新の励みです → ブログランキング

posted by たもも(月) at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月08日

またデニム買いました

アメリカ在住の方ならご存知の格安店、Marshalls。洋服はもちろん、靴、かばん、おもちゃ、ベッド・バス用品など何でも置いてある大好きなお店です。内装もサービスも全然いけてないし、品物は乱暴に扱われて粗悪になっているものもあるし(床に平気で落ちてたりする)、セレブな方々はわざわざ行く必要のないお店なのですが、たまにいいブランドのものが驚くような値段で売られているんですよね。この宝探し的なショッピングは時間があるときはとても楽しくてよい息抜きになります。

どうしてこんなに安いのかと言うと各ブランドが大量に作りすぎたものや売れ残ったものをMarshallsが完全に買い取って、それを格安で売りさばくからだそうです。なるほど〜。確かにもともとMarshalls価格になっているものが更に赤札になってありえない値段になってるものもけっこうありますもんね。

そんなMarshallsでの本日の戦利品がGenetic Denimのスキニーデニム。日本でも楽天などで買えるようです(たとえばこちら)。以前からスキニーデニムが欲しいなぁ、といろいろ見ていたのですがなかなかしっくりくるのがなかったところによいタイミングでいいものが見つかりました。しかもお値段が59ドル♪定価の4分の1くらいじゃないかな。これだから宝探しはやめられないのよね〜。

早速今夜着て行っちゃおうっと(お友達のパーティーに行ってきま〜す)♪


その一票が明日の更新の励みです → ブログランキング
posted by たもも(月) at 05:41| Comment(4) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

Thanksgiving

待ちに待ったThanksgivingの週末。待ちに待った、と言ったのは別にターキーが大好き、とかいうワケではなく、4日間も大手を振って仕事を休めることがこの上なく嬉しくて♪よっぽど仕事が嫌いなんだなぁ、とちょっと将来についていろいろ考えてしまうのですが、Thankskgivingはそんなことも忘れておいしいものを食べて、お酒もたくさん飲んで、楽しく過ごしました。

ブログに載せる写真もいっぱい撮ったのですが、なんと間違って全部削除してしまいました(泣)。酔っ払いバンザイ。

我が家恒例のThanksgivingの過ごし方は家族が近くにいない友達を集めてワイワイ飲み食いすること。大きなターキーを焼くのでポットラックではなくて、全部我が家で食べ物を用意します。詳細はこんな感じ。

ターキー(夫が前日から)
ブロッコリーのサラダ(私担当)
こぼうサラダ(私担当)
マッシュポテト(友達が我が家で作成)
ベイクドスイートポテト(友達が我が家で作成)
ブレッドプディング(毎年恒例)

今年は友達がボジョレーヌーボーを持ってきてくれたので一緒にいただきました。今年のボジョレーヌーボーは飲みやすくてとてもおいしいですよね〜。時間に余裕があるとこうやっておいしいワインがあるから今年はいい年だ、みたいなポジティブな考え方ができるんだなぁ。

来年もおいしいボジョレーヌーボーと夫特製のターキーで楽しいThanksgivingが過ごせますように。そんなほんわかした気分@ワイン片手のThanksgivingでした。


その一票が明日の更新の励みです → ブログランキング
posted by たもも(月) at 02:13| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

またまたポートレートへ

ギョロの1歳の誕生記念のポートレートを撮ってきました。

今回の衣装はハロウィンとお誕生日にとじいじとばあばが送ってくれた白いドレス、そして水玉のベロアのワンピースでした。

gyoro_kabocha.jpg
かぼちゃ星人のおでまし

ポートレートスタジオは今まで2箇所しか行ったことがないのですが、両方とも衣装替えが許されていました。これが普通なのかどうか分かりませんが、とーっても便利ですよね。だってギョロの衣装は売るほどあるし、どれかひとつなんて絶対に選べないもーん!

皆さん言うことですが、ポートレートスタジオの値段設定って上手ですよね。だいたいどこも最初に1ポーズは何シートもついてきて10ドルとか、ネットでクーポンをプリントしていけば無料とか、そんな感じなんです。でも2ポーズ目が加わると一気に50ドル以上にはねあがります。「だったら1ポーズだけ買えばいいじゃん」って思うでしょ?それがねー無理なんですよ。実際にいろいろ見ちゃうといくつも欲しくなるものなのです。

でも今朝話した私の同僚は1ポーズだけ、しかもクーポンで無料でいつも済ませるとのこと。いやー、意志が強いってのももちろんあるけど、私はこういうのダメです、見栄っ張りなので…。

スタジオはめちゃめちゃ混んでいて、クリスマスに近づくと更にひどくなるとのことなので、家族写真はクリスマス背景にしてしまいました。これをクリスマスカードにしてしまえばいいのですが、今ちょっと考え中。ギョロはかわいいベロアのワンピースなんだけど、うちの夫が後ろには暖炉があるくせに白い半そでシャツとか着てるんですよ。これはちょっと見た目がよろしくない。まぁ、ギョロがとてもかわいく写ってるし、私もまぁまぁなので、夫は別にいっかなー、なんて(本人全く気にしないので)。

ああ、いよいよ年末だなーという気分になりました。ワクワク♪


その一票が明日の更新の励みです → ブログランキング
posted by たもも(月) at 11:09| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

ママたちのナイトアウト

今日はママ友達8人でディナーを食べに行きました。数ヶ月前から出ていたこの企画。名づけて「月イチで子供たちを旦那に預けてナイトアウトをしましょう!」企画(って、そのままだけど)。アメリカンのママたちはよくやっているのを聞きますが、それを私たち日本人ママンたちが果敢にも実践することにしたのです〜。

第一回目は子連れだとなかなか行きづらいオシャレなイタリアンレストランへ行ったのですが、これが大成功。ご飯がおいしいのはもちろん、一度も会話を邪魔されずに続行できるこの新鮮さったら(笑)!私の場合はギョロはまだ小さいので食事中に会話を邪魔されることはありませんが、周りの先輩ママたちはなおさら静かに大人の会話を楽しめたようです。とてもおいしいリースリングワインもいただいたのですが、普段だったらワイングラスとかテーブルに置いておけないですから(子供たちに落っことされるのがオチ)。

こうやってママたちが集まって夜お出かけできるのもアメリカならではだと思います。日本だったらそういう習慣がないだけでなく、サラリーマンの旦那さんたちの帰りはとても遅いでしょうから、ディナーの時間に間に合わないだろうし。ママたちのストレス発散に協力的な旦那さま方に感謝ですよね。

次回はどこにしようか、と計画中。オシャレなレストランももちろんいいし、スパなんかに行くのも楽しそうだし、カラオケって手もあり!これからもこうやって上手に育児と仕事のストレスを発散していけたらなぁ、と思っています。


その一票が明日の更新の励みです → ブログランキング
posted by たもも(月) at 01:44| Comment(2) | TrackBack(0) | アメリカ生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。