2010年10月02日

Fall Festival

もうこの季節がやってきましたね。いろいろなファームでFall Festivalが行われています。この時期がくるとすぐにハロウィン、サンクスギビング、クリスマスとイベントが続きます。

fallFest2.jpg

fallFest1.jpg

今日はギョロのクラスメートのバースデーパーティー。このあたりで一番大きいFall Festivalで、親子の入場料も払ってくれるという気前のよいパーティー。こういうのは(チャッキーチーズとかと比べて)ありがたいですね。早めに仕事を切り上げて、夕方から行ってきました。

お決まりの長い滑り台、ロープのブランコ、ヘイライドなど子供たちは大喜び。ヘイライドはお化けゾーンを通るときに怖がったり、ヤギにえさをあげるときは大粒の涙を流して逃げ回ったり、想像通りのアクシデントはありましたが、全体的にとても楽しそうでした。そういう姿を見るだけで私も楽しめたのですが、ギョロのお友達との接し方なんかも垣間見れて本当に行ってよかったなと思いました。

私はいつもギョロの引っ込み思案で友達と対等に接することができないと心配していたのですが、ギョロがクラスメートと接するのを見てて心配しすぎかも、といい意味で安心しました。基本的に従順でおとなしいので手がかからないだけであって、同年代の友達とはでしゃばることはないにしても明るく自分から話しかけるし、たまに自分からリードを取って遊ぶことさえありました。そして波長の合う友達を選ぶので、対等な関係を築いていて、お互い楽しそう。よかったよかった。私は普段なかなかアメリカ人の友達というのができないのですが(友達自体作る機会もそうないし)、子供たちのほうがよっぽど上手に友達作りしています。

ただギョロちんはやっぱりちょっと運動オンチかな(苦笑)。ロープのブランコは、ロープにつかまってマットの上までぶらさがっていき、ころあいをみはからってマットに飛び降りるのですが、予想通り要領をつかめずロープにつかまることもできずマットに落下。いや〜これはまさしく私の子(笑)。って笑い事じゃありませんよ。

ここのアップルサイダーはすご〜くおいしい!去年行って感動したので今年も買い込みました。夫も大好きで飲みまくったのでもう残り少ないので、また買いに行っちゃおうかな。

ハッチは小さいので連れてくと大変だと思って夫と留守番だったのですが、やっぱり連れてきてあげたいな。また夫も一緒に来ようかな、と思っています。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

最近のギョロの日本語

フルタイムで働いてはいても、子供たちを朝8時くらいに学校に送り届け、5時半に帰ってくるころには家にいる私。だから子供たちの日本語は順調に伸び、それを進展を見るのは本当に楽しい。

slide.jpg

+++

ギョロとの言葉遊び続行中。最近はしりとりもようやくできるようになってきたし、○○から始まる言葉探し、なんかもよくやります。「か、から始まる言葉は?」「亀!」みたいな感じでけっこう長続き。ギョロは問題を出す側にもよく回るのですが、私の問題と比べて難易度が高い。

ギョロ:「ヴァから始まるのは?」
母:「ヴァ??」
ギョロ:「ヴァイオリンでしょ?」
母:「。。。」

その他スィリアルの「スィ」とか、食パンマンの「しょ」とか非常に自由な発想の元に問題出してきます。

+++

擬音語擬態語はなかなか教えるのが難しいんだけど、最近は時々使うようになってきました。

「ハッチ、早くスナックざくざく食べて?」とか、「ギョロ、この桃ぽにょぽにょしてて好きなの」とか。合ってるような合ってないような。

+++

なかなか普段足を延ばす時間のない魅惑のTrader Joe'sに子供たちのお昼寝中に行ってきた私。帰るとギョロは起きていて、「マミーどこ行ってきたの?」と聞くので、「トレーダージョーだよ」と言うと、「。。。黒ばら女王みたいだね」とオヤジギャグ一発。黒ばら女王はアンパンマンの映画に出てくるキャラクターなのですが、こういうふうに似ている同士の言葉を結びつけられるようになったのは進歩。その他には「今日はけいこ先生が来るんだって」、「けいこ先生ってケーキみたいだね!」なんて言ってハッチとふたりして大笑い。オヤジギャグ好きの血は受け継がれました。

ちなみに言葉の早いハッチももうこの手のオヤジギャグ言えます。二人目ってすごいな〜。

+++

ネイティブと言えども、特に慌てているときなど言葉の間違いってしますよね。先日子供たちがご飯を食べているあいだ、次の用事のことを考えてばたばたしているとき、「早くスープ食べちゃって!」と言うと、ギョロがぼそっと「飲んで、でしょ?スープは食べないよ。」と指摘。ごもっとも。

+++

日本語は外来語が多いですよね。夫は、日本語を話せるアメリカ人の友達から「分からない単語があったら、英語を日本語風に発音すれば通じるよ」と嘘とも言えない情報をもらってきたこともありましたが、これはギョロもそう信じている模様。だからちびっこ版ルー大柴ですが、これは日本語→英語も起こります。ハッチのバースデーケーキのあと、「daddy, I want Rosoku!」と、ろをRにして、ここにアクセントを置いて発音してました。

+++

歌の歌詞の意味を考えるようになったギョロ。クラスメートが履いている赤いサンダルが欲しいと言い続けるので、とりあえず歌で我慢して、と歌い始めた私。「赤い靴〜はいてた〜女の子〜♪いーじんさんにつーれられーてーいーっちゃーったー♪」という歌詞を聞いて、何度も繰り返すようにお願いされ、しばらく考え込んだあと「いーじんさんはいい子悪い子?」と聞くギョロ。「え〜どうだろう」とぼかす私に、「ギョロ、いーじんさん悪い子だから好きじゃないの」と言うギョロ。

せっかく歌詞の意味を分かろうとするようになったので、車の中ではわりかしはっきりと発音する歌手の歌をかけるようにしています。たとえば、、、嵐とか(笑)?同じジャニーズでもKAT-TUNとかは歌詞も発音も分かりづらいのでダメね。

+++

こういうこぼれ話、こうやって丁寧に記録しておいて、将来子供たちと一緒に読んで笑うのが夢。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:22| Comment(3) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月30日

ギョロ成長記録@3歳10ヶ月‏

Horrible Three と2ヶ月前の記録に書いたけど、なんだかおさまってきた感じ。

gyoro_hacchi_sofa.jpg

+ 狂ったような食欲とでも言いましょうか。いつでもお腹がすいていて、出されたものはぺろっと食べます。成長期まっしぐら。
+ ダンス好き。嵐のコンサートを観て(親子で)一緒に踊っています。バレエのレッスンも楽しんでいます。
+ 塗り絵やシールをはったりとか、ワークブックとか、コツコツする遊びが好き。まぁ、30分ともたないのですが、やってるあいだはすごい集中力。
+ 自分と波長の合うお友達(=マイペースでおとなしめ)と自然とつるむようになりました。平日の学校でも土曜日の日本語幼稚園でもそうで、そういう子を探し当てることができるようになったのは大きな進歩。
+ 大人みたいな会話をします。一緒に買い物なんか行くと、「マミーこれいいんじゃない?」なんて普通の友達みたいな感覚で会話が成立。
+ 日本語も英語もおそらく同じくらいのレベルでしょうが、話す人によって完璧に使いこなします。申し分ないバイリンガル。
+ ハッチとの競争心がすごい。どちらが一番になるかでいつも大喧嘩。できれば学校でも競争心みたいなものを持って、おもちゃを取られっぱなしなんてことがないようにして欲しいんだけど!

まだまだかわいい私のベイビー。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

運動会‏

日本語幼稚園の近くに小中高の日本語学校があるのですが、そこで運動会があるというので幼稚園のクラスメートと連れ立って出かけてきました。

undokai.jpg

めんどくさがりなので全然行く気ゼロだったんだけど、最近特にギョロと仲のよいクラスメートのママに誘われ、本人同士が行く気満々だったのでけっこうしぶしぶって感じで(笑)。でもこれが本当〜に行ってよかった!

思ったより盛大で日本の運動会って感じで懐かしかった〜。応援とか、保護者が敷物敷いてお弁当食べる図とか、放送とか、なんか日本にトリップした気分。私たちは午前中幼稚園が終わってから行ったので午後の応援合戦を見て、その後の未就学児の徒競走のみ参加。子供たちはお菓子めがけて全速力で走りました。。。と言いたいところですが、のんびり屋のギョロはとろとろ走ってびりっけつ。無事お菓子はもらえたけど、なんだか自分の子供時代に似すぎてて切ない。

ギョロは来年もまだ幼稚園なんだけど、その次の再来年から日本語学校の幼稚部に入学予定。入学したらこんなに盛大で本格的な運動会に参加できるんだと思うとすご〜く楽しみ!来年は夫とハッチも連れてこなくちゃ。

誘ってくれたお友達に大感謝ですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月09日

難しい日本語

この夏日本で日本語の海に3週間放り出されたギョロは日本語の語彙が増えました。

popcorn.jpg

でも日本語はなかなか難しいし、語彙が増えたところで使う場面がないので使い方が正しくないことがしばしば。今朝は「ミスチャンドリカ(保育園の先生)は日本語しか分からないし、じいじばあばは英語しか分からない」と言ってきました。「反対でしょ?ミスチャンドリカは英語しか分からないでしょ?じいじばあばは日本語しか分からないよ」と言い返すと、「違うよ!じいじばあばは日本語分かるじゃん!」と。う〜ん。。。確かに「分からない」という部分があると混乱するよね。「〜しか」と合わさると、それだけが分かるって意味になるんだけど、それをどう説明すればいいのやら。そこでいろいろ事例を出して説明したんだけど(でも私たちの周りにはバイリンガルだらけなので、モノリンガルの友達を例に出すのが困難・笑)、いまいち分かってない様子。う〜ん、大人に説明するなら簡単なんだけど、子供は難しいね。一応日本語教師の国家資格を持っているのですが、そんなのは幼子の前では全く役に立たず。

他にも勘違いぶりも健在。いろいろ駄々をこねてくるので「もう、ギョロはめんどくさいよ〜」と文句を言うと、「ギョロくさくない!」と抗議(笑)。

まだまだ惜しい言い間違いも多い。マミーの髪の毛をポニーテールに結んでくれながら、「マミー、目つぶして?」と言う。い、痛い、じゃないや、惜しい!

日本語の音節を教えようと、単語と一緒に手をたたいて発音する遊びをギョロとハッチとしています。たとえば「り・ん・ご」は3音節で、手をたたきながらそれを発音するとりんごは3つのひらがなから成り立っていると学べる仕組み。でもギョロの場合は、特に外来語が苦手。どうしても英語から直してしまうので、音節が英語ちっく。「シリアル」は「シ・ウィ・ヨ」になるし、「ヘアバンド」は「ヘ・ヨ・バン・ド」になるし、「ペン」は「ぺ・ン・ン」なんて言っています。ま、外来語に限らず、「しらゆきひめ」を「し・ら・ゆ・き・め」とか言ってるから、ただの勉強不足か。

外来語が多い日本語なので、本人もどの英語が外来語になりうるかが分からない。「マミー、このお花Growる?」と言ったり、「ダンシングクイーン、プレイヤーする?」とか、もう親子そろってルー大柴。

日本で白雪姫やシンデレラのDVDを仕入れてきて、それにはまるギョロ。結果、「マミー、今日は暑いのかしら?」「ベイビー、かわいいわね」などとすっかり口調が姫。よろしくってよ、おほほ。

でも上達もここに挙げる以上に多くて、「こんなこと言えるようになったんだ〜」と感慨深い。例えば美味しいご飯に対する褒め言葉も「マミーおいしい!」だったのが、「マミー、美味しそうに作ったね!」に変わりました。今朝も「マミー、ステキなシリアル買ってくれてありがとう」と言われました(笑)。

姉妹間では日本語ですが、最近ハッチが英語づいててヤバい。とにかく今はすごい勢いで言語を吸収する時期なので、デイケアから帰ってくると頭の中はまだ英語。ぽろぽろ英単語が出てきます。うちの子たちのように一日の大半を英語環境で過ごす場合、物心つく前から姉妹間とマミーには日本語で話すことをかなり意識的に徹底させないと、後から直そうとすると大変だと思います。だからご飯を作ってて忙しい最中でも、ハッチが私やギョロに英語を口走ろうものなら、そのたびに丁寧に直します。だから私は車を運転中とか、ご飯の時間とか、ちょっとちょっとの隙間時間にもず〜っと子供達に日本語で話しかけています。それでも英語には及ばないんですけどね〜(悲)。

生まれながらにしてバイリンガル環境、私にとってはうらやましい限り。私もこんなふうに日本語も英語もぺら子だったら、ここでの生き方が変わっていたに違いありません。だからこの辺を押し付けることなく、うま〜く子供達に伝えていきたいと思っています。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

気の弱いギョロ

ギョロは家の中ではあんなにハッチに対して威張ってるのに外ではとてもシャイという典型的な内弁慶。もう笑えるくらい私の子ども時代と同じで、ギョロの考えや次の行動が手に取るように分かってしまうのが、逆に悲しい。

bd_party_pool.jpg

そんなギョロなので普段学校でどう過ごしてるのかが気になる私。先生にももちろん顔を合わせるたびに普段の様子を聞くのですが、「彼女はよくしゃべるしお友達もたくさんいるわよ〜」と何となく当たり障りのない回答ばかり。でも一度も具体的な様子を教えてくれたことはないので、何となく私の予感として、存在感が薄いのではないかと。もちろん私もそういう子供でした。

だから学校からの帰るといつも尋問(笑)。学校で誰と遊んだのか、何を食べたのか、誰か泣いたのか、どんなアクティビティーがあったのか。そうするとね、ぼんやりとクラス内の組織図みたいなのが見えてきます(笑)。

「アイゼアがシャイニカにNastyって言ったの。で、シャイニカがミスチャンドリカ(先生)に言ったの」「アイゼアがアリアンナにUglyって言ったの。で、アリアンナがミスチャンドリカに言ったの」。ふむふむ、アイゼアはなかなかのトラブルメーカーなのね。「アイゼアがギョロのボールぽんってたたいたの。」「で、ギョロはどうしたの?」「どうもしなかったの」・・・やっぱり。そういうときは「止めて」って本人に言うか、せめてミスチャンドリカに言いなよ、と言っときましたが、きっと言わないね。

「シャイニカがギョロにダメって言ったの。だからギョロはもうシャイニカにプリンセスのシールあげないの。」と朝起きてすぐベッドで愚痴るギョロ。きっと夢の中でも葛藤してるのでしょう。子供の頃って学校が人生の全てって感じで、学校での経験が、人生から性格形成から進路から全てに影響してしまうんだよね。それは気が弱い強いに関係なく、きっとみんなそう。

土曜日はお友達の誕生日会だったのですが、そういう場面でギョロの様子を見てても、こういう様子をすぐ見れます。遊んでたおもちゃを取られてもぼーっと取られっぱなし。「こっち来るな!」とイジワルされたらすごすごと戻ってきちゃうし。親の私だけが一人でむっとして、思わず「シェアしなさいよ」と怒鳴り込みに行きたい衝動にかられて、でもそれはいかんと様子を見守ります。

でね、その誕生日会であまりにもひとりの女の子にイジワルされるので、私はギョロに自分の子供時代のようなつらい思いをさせたくない一心で、「取られたくないおもちゃがあったら、自分の口でダメって言わないと」と何度か言ったら、どうやらギョロを萎縮させてしまったようで大失敗。それでもその誕生日会の帰り道、「ギョロ、すご〜く楽しかったの。また来たいの!」とそれはそれは大興奮で、ギョロは結局おもちゃを取られたことをさほど気にしてないんだな〜と気づきました。ひとつのオモチャに固執しないので、取られたら別のもので遊んでるし、こっちのプールに来るなといわれたら別のプールで遊ぶし、気にせずに楽しんでいるよう。・・・だったらこのままでいいのか?

我が強くて周りの子に危害を加えてしまうと悩むママ友達もいて、その悩みももちろん想像ついて大変だと思うけど、気が弱すぎるのもやっぱりそれはそれで悩みなのであります。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月04日

ギョロ成長記録@3歳8ヶ月‏

Horrible Three (Terrible Twoに続く)、続行中。

gyoro_plane.jpg

+ ハッチ同様、今回の日本滞在で日本語力アップ。というより会話力そのものがアップしました。自分の考えを表現しようという意欲もアップしました。
+ 感受性が強い(←母似)。テレビや本で、ちょっとでも怖かったり、憧れたり、納得いかないシーンがあると、そのショックを何とか自分なりに解決しようといろいろ質問してきます。
+ 歌とダンスが相変わらず大好き。テレビやDVDで聞いた歌をずっと繰り返し歌ってるし、それにあわせて腰をふることも忘れない(笑)。
+ 学校大好き。日本から帰って特に大人だけの生活に飽きたのか、朝ぐずぐずせずに教室に飛び込んでいきます。
+ ハッチといるとはしゃいで面倒なギョロですが、私と2人だけでモールやレストランに行くとすご〜くいい子。一人育児と2人育児の大変さの違いはここ。
+ 妖精を信じていて(シンデレラの影響)、いい子にしてればいつかかぼちゃの馬車が手に入ると思っています。クリスマス辺りにサンタにドレスを持ってきてもらうことにするか。
+ ご飯は安定してしっかり食べますが、どうも集中力がなくてこまります。ハッチは食事となると短気集中型なのに。

このころころの笑顔がかわいくて、仕事中もニヤニヤする怪しい母です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

しつこいギョロ

ギョロは何か気になることがあるととことん突き詰める探求型。特に、気が弱いこともあって、誰かが泣いたり傷ついたりしているのを見ると、自分なりの答えを探そうとマミーに質問攻め。素晴らしい姿勢だと思いますが、時にめんどくさい。。。

道で車にはねられて死んでいるスズメを見て、「どうしてピーちゃんねんねこしてるの?」「どうしてお家に帰らないの?」と質問攻め。この質問、大げさじゃなくて50回くらいされました。

先日げげげの鬼太郎の最終回で、きたろうがお母さんと別れて泣くシーンがあったのですが、これも非常に気になるギョロ。「どうして鬼太郎泣いてるの?」「どうしてお母さんお家帰っちゃうの?」「どうして夢子ちゃん(落下する石にぶつかって死んでしまった)ねんねこしてるの?」と、それはそれは探究心旺盛。ただこの質問が何日にも渡り、何十回、いやホントに何百回と繰りかえされると、、、ねぇ?「もうさっき答えたじゃん」と言うと、「違う!もう一回言ってよ!」と同じ答えを何度も何度も繰りかえすよう要求。そんなに気になるなら答えは覚えといてくれ。

こうやって、何かにスタックするとそれをとことん追及する姿勢、それは夫似ですね。私はプログラマーなくせに「あ、動いたからラッキー!」みたいな姿勢で、何も追求しませんから。それは如実に私と夫の収入と地位に反映されておりますが。

このしつこさも成長の証なのかな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

ギョロ成長記録@3歳7ヶ月

難しいお年頃。。。

gyoro_hacchi_hug.jpg

+ 先月に引き続きいじけ虫。注意されるとつっぷして泣き真似。「マミー好きじゃない」「ダディーはギョロの友達じゃない」と暴言吐きまくり。これはどうしたものでしょう。
+ プリンセスが気になる毎日。プリンセスのドレスが欲しくてたまりません。キャラクターものもプリンセスにはまり、マミーのキティラー魂を侮辱。
+ これまたマミーに似て引っ込み思案。特にマミーがいるとマミーの周りをうろつくだけで、お友達と遊ぼうとしません。自分の子供時代を見てるよう。。。
+ 毎朝おなかが痛くなります。「マミー、ハグして?」というので、きっとマミーと離れる不安からの精神的なものじゃないかな。私も子供の頃毎朝腹痛で苦しんでました。でも3歳でこれとは早すぎだ。
+ モールでの買い物が大好き。将来一緒にショッピングできて楽しそうだけど、どうなんでしょ、これ。
+ 豆腐と卵が大嫌い。それ以外は大抵しっかり食べます。たぶんアレルギーがあるのかな?と思ったり。
+ すご〜く繊細。テレビで誰かが泣いたりしてると、気になってしかたなくて、何度も何度もそのわけを突き詰めます(=マミーに質問攻め)。

大人への階段を上る3歳児。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ギョロのコンサート

ギョロのクラスのコンサートがあり、行ってきました。

annual_concert.jpg

子供達が並んで大人顔負けのダンスとともに歌う姿はかわいくて泣けてきますね!ギョロもすごいマジメな顔で一生懸命踊っていました。3歳でこんな大人顔負けになるんだな、としみじみ。

ステージ上での配列はよく考えてありました。上手に、と言うより、一生懸命ダンスを踊れる子たちは最前列、もしくは2列目の真ん中へ。逆に踊ることを拒否したりする子たちは一番後ろへ。この年齢だと女の子のほうが進んでいるようで、男の子は全員後ろにまわされていて、やっぱりコンサート中も踊ってない子や集中力の続かない子が多かったな。そして最初と最後のサンキュースピーチは言葉がしっかりしていて恥ずかしがらない子。こういうのを見極めるのも先生の大事な仕事なのでしょう。ちなみにギョロちんは上手かどうかはともかく一生懸命踊るので最前列でしたが、スピーチはしていませんでした。それは納得。この超恥ずかしがり屋なギョロがステージ上で言葉を発するとは思えませんから。

と、子供達も頑張ったけど、何よりも素晴らしいのがこれをまとめあげた先生ですよね〜。ギョロなんかはまだまだ手がかからないほうだと思うけど、こんな大勢の元気な子供達たちをこうやってまとめあげるなんて神業。いったい何食べればこんなことができるようになるんだ?この忍耐力のかけらをぜひ分けて欲しいものです。

そのあとはポットラックで疲れるランチをして仕事に戻りました。予想通り「マミー行かないで〜」と泣くギョロを置いて。。。通常ならこのままギョロをつれて帰ってもいいのだけど、日本行きを控えているのでちょっと休めない状況なのです。

子供の成長ってすごいな。この前赤ちゃんだと思ったらもう他の子たちと一緒にステージに立つんだもの。誇らしいと思うより、寂しさを感じる私でした。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

嘘つきギョロ

素直でいい子に育っているギョロですが、最近嘘をつくことがあります。

「今日あんなちゃん(日本語幼稚園のお友達)がギョロに英語でお話したの」「え〜そうなの?で、ギョロは何て言ったの?」「日本語でお話してって言ったの。」

「今日シャイニカがギョロのボールぽんってしたの」「その後ギョロはどうしたの?」「たたかないで!って言ったの。」

「今日学校で何食べたの?」「ホットドッグ」「・・・昨日もおとといもホットドッグって言ったよね?」

「今日は学校でアリアンナと何して遊んだの?」「(手に持ってたぽぽちゃんを見て)ぽぽちゃんで遊んだの。ぽぽちゃんミルクはいどうぞってアリアンナが言ったの。」「でもぽぽちゃん学校に持ってかなかったじゃん。。。」

え〜、これらは全て嘘でございます(笑)。上の二つは気の弱いギョロが言うわけないし、ホットドッグは毎日給食で出ないし、ぽぽちゃんはずっと家におりました!

怒られるときに「これやってないよ」と嘘をつくことはないので、たぶんこういうのは嘘というよりも空想娘の空想が広がった結果なのでしょうが、どうなんでしょうね、これ。もっと大きくなったら娘の嘘が見破れなくなるのでしょうか。寂しい!


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

幼稚園一学期終了‏

土曜日に通っている日本語幼稚園の一学期が終了しました。

gyoro_bakusui.jpg

ギョロは皆勤賞!偉いね〜、ギョロというよりもママのほうが(笑)。毎週末、お弁当作って、遠い道のりを運転していくのはなかなか大変なんですよ。あと週一度のことなので、ギョロが慣れるのも遅くて、泣いたりはしないんだけどあまり楽しくないようで、「幼稚園行くよ」って言っても反応が微妙だったのです。でも先週くらいから「わ〜い!」って楽しみにしているような返事だったので、そういう意味もこめて「お疲れさま」、、、ギョロちんとマミー。

帰り道モールに寄りました。実は今月末から3週間日本へ3年ぶりの里帰りを果たすのですが、会う友達へのお土産を調達しておきたかったのです。どうしても週末はばたばたしちゃって、モールへ行けるのは今日くらいしかないと思って。ハッチもいたのですが、二人つれてモールを歩くのはけっこう大変(疲)。いやね、歩くこと自体は全然大変じゃないんですよ。何が大変かって買い物をするのが大変。目が全く離せないので、何を買うかに何も集中できない。でもお土産は買わないといけないし、大声で「こっちおいで!」「そっち行かないで!」「それ触らないで!」と叫びながら何とか買い物終了。いや〜、1時間のモールでこれですから、14時間の飛行機はどうするんでしょ、私。ちなみに旦那はお留守番。私一人で二人の面倒をあの狭くて混んでる機内で14時間。あはは、笑うしかないね、こりゃ。

帰り道はさすがに疲れ果てて、二人とも爆睡。機内でもそうやってぜひ爆睡してくださいませ。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 06:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月05日

夏祭り‏

今日はギョロが土曜日に行く日本語の幼稚園の夏祭りでした。

yukata.jpg

ボランティアの両親が協力して準備をしてくれたこのお祭り。フェイスペイント、水風船つり、(折り紙の←ホッ)魚釣り、ボーリング、お面作り、おせんべのお絵描きなどなど、催し物たくさんで、子供たちは大はしゃぎ。私は補助で入っていたので子供たちを連れてそれぞれのブースを回ったのですが、みんなのきらきらした笑顔がかわいいものでした。

ご存知私は子供たちに日本語を話してもらおうと頑張っているわけですが、そのためにはこういう文化的なことを学ばずには成り立たないと思っているのです。まぁ、ギョロくらい小さかったらマミーが日本語でって言うから、的な理由で話すのですが、もうちょっと大きくなるとしっかりした理由なしにはどうしても英語に流れてしまうのではないでしょうか。だって一日中英語環境で、影響を受ける友達もみんな英語、夜だけちょこっとマミーと日本語で話して、でも日本語しっかり勉強しろって言ったって説得力ないですよ。だからこそ日本に興味を持ってもらえるよう、こういうお祭りなり、和食なり、じじばばなり、テレビなり、日本語を勉強したら楽しいことが待ってる的な動機をあの手この手で出していきたいな、と思っています。それでも一人ではたいしたことはできないので、こうやって他のご両親と協力して、この国で日本の文化を継承していけるのは本当にありがたい!だから私も出来る限りボランティアにせいを出すつもりです。

子供たちのためにしてあげたいことってたくさん、本当に数えきれないほどあるのですが、現実問題できるのはごくわずか。そしてそれも効率よくやっていかないと日々の基本的な家事さえまわらなくなるので、それがつらいところ。特にこういうボランティア的なことは加減が難しいところです。私はリサイクルなどエコ活動的なことを全然しないので、そのへんをちくっと言われるとちょっと心苦しいのですが、なんせキャパが狭いものでそういうところまでなかなか余裕が作れません。毎日ご飯を作ることだって、働いてると実際問題けっこう難しい(わ、私だけ?)。ボランティアだって、こういう子供たちのための活動そのものに対するものはできるだけ参加するけど、先生へのクッキーギフトなんかまではけっこうな拷問。子供のためのボランティア活動は、地域社会への積極的な姿勢を子供たちに示すためにも大切だけれども、それで日々の生活がおろそかになっては元も子もないですからね〜。難しい問題です。

ギョロは大興奮で、初めての水風船を抱えたままお昼寝に入りました。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月04日

ギョロ成長記録@3歳6ヶ月

オトナみたいな口調の3歳児。それをかわいい〜、と目を細めたいところですが、実際は、、、めんどくさ。

+ ちょっとでも注意されると、「マミー怒るの好きじゃない」「ギョロ、一人でぽぽちゃんと遊んじゃう」「ギョロ、ベイビーハッチだけ好き」とか、いじける。最初の頃はびっくりしてひるんでたマミーですが、最近は「あ、そうですか」とその場を去ろうとすると泣いて追いかけてくる(笑)。
+ おもちゃを巡ってハッチとの争いが激化。飽きたおもちゃでも、ハッチが触ろうとすると怒る。めんどくさ。
+ 毎朝着ていく服でバトル。スカートは外で遊びづらいので平日はダメ、と言ってるのですが、すぐ忘れてしまう。めんどくさ。
+ 相変わらず野菜好き。特にベビーキャロットが好きで、毎日おやつに食べます。
+ 大好きなクラスメートのファッションを真似たがります。「アリアンナがつけてるピン欲しいの」とか、「ルーチャのドレスが欲しい」とか。ふぅ〜。
+ 誰かを病気にさせて看病するのが好き(笑)。最初はお人形のぽぽちゃんに始まり、ハッチ、そして今はマミーまで「マミー、病気になって?」とお願いされます。「いいけど、将来医者になって?」と言う私。
+ アイフォンの子供用アプリトーキングカールがお気に入り。カールがかわいい声でユーザーの言うことを真似るだけのアプリなのですが、「違うの!ギョロが言ってるの!」と真似されて怒ったりしてます。


笑顔がまぶしい3歳児です。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

ギョロのクラスメートのお誕生日会

いちご狩りのあとはギョロのクラスメートのお誕生日会でした。場所は定番のチャッキーチーズ。

chuckycheese_20100530.jpg

え〜、私は実はこういう誕生日会が苦手。というのもアメリカ人ママたちと気が合わないのです(苦笑)。気が合わないというより、何を話していいか分からないし、もうできあがってる輪の中に入っていくのが日本語英語問わず苦手。でもギョロがかなり前から楽しみにしていたので、しぶしぶ(笑)。

ギョロの毎日の学校帰りの話や、今回のパーティーでの様子を統計して考えてみると、どうやら2人の親友がいるよう。アリアンナちゃんとエミリアちゃん。両方白人。こういうときはですね、お母さん同士仲良くなってプレイデートとかできるといいな、と思って一応お近づきにはなってみたのだけど、だめですね〜。なんか合わない。。。きっとお互いそう思ってるのでしょう。話も盛り上がらないし。

親同士が気が合うからと言って子供同士もそうだとは限らないし、逆パターンもありますよね。どうせなら交際の仕方もしっかり遺伝して親子で気が合えば話は早いのに!

どっと疲れて帰路についた私ですが、ギョロは相当楽しかったようで、「今日は楽しかったねぇ」とほくほくでした。よかったよかった。マミーは頑張った甲斐がありましたよ。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

遠足

日本語幼稚園の遠足へ行ってきました。

ensoku2010.jpg

暑くもなく寒くもなく、最高のお天気。ご存知私はまったくもってアウトドアではないので、晴れようが雨だろうがどうでもいいと思っている私ですが、その私が「すっごい気持ちいい!」と声に出すほどのよいお天気でした。

子供達はみんなでお遊戯をしたり、かけっこしたり、お弁当を食べたり、最後は電車とメリーゴーランドに乗って解散でした。ギョロは電車とメリーゴーランドで静かに大興奮していて、それを見ているだけで胸いっぱいな私(笑)。普段の室内での授業と違って、子供たちは元気に走り回って、笑顔がまぶしい!こんな本物の笑顔、私はもうできません。いつからできなくなったんだっけ?

私はキャパが狭いので、今の生活でもういっぱいいっぱい。先の見えない海でただただ泳いでいて、何とか頭だけ出している気持ちとでもいいましょうか。そして周りで優雅にヨットとか乗ってる人たちをうらやましがってる感じかな(笑)。ヨットには実は穴があいていて、見えないところで一生懸命穴をふさいだり、水をヨットの外にバケツで出したりしてるかもしれないのにね。とにかく日々の仕事と育児と、その他もろもろのこと(家の売買とか、転職活動とか)で、とにかく毎日胃が痛い。でもね、日本語幼稚園には私のように働いてるママもけっこういて、私なんかよりも大変な仕事をしている人もいるんですよ。そしてそういう人に限って、幼稚園のボランティアも積極的にやっていて、遠足ではそれはそれは元気に子供達を引率していたりするんです。このエネルギーはどこからくるんだろう。そしてどうしてあんなふうに子供みたいなまぶしい笑顔ができるんだろう。

と、そんなことを帰りの車で考え、後ろではすっかり疲れ果てたギョロが寝息をたてていました。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

ギョロのかわいい言い回しあれこれ

こういうのは後から微笑ましいと思うので、記録のために残しておきます。

***

よそ見していて、テーブルの角に頭をぶつけたギョロ。一瞬びっくりしたあと、おお泣き。「ほら〜、気をつけないと」と言うと、「気をつけなかった〜」と泣き続けるギョロ。思わず噴き出す私。

***

日本語と英語の区別がしっかりついたギョロ。将来ママンのためにしっかり通訳として活躍してもらいたいところですが、今はまだまだ間違いも多い。「英語はApple、日本語はりんご。じゃあ、日本語はゾウさん、英語は?」なんて聞いていた私。「じゃあ、じいじばあばは日本語、英語は?」と聞くと、「違う!じいじばあばは英語、おじいちゃんおばあちゃんが日本語」と言うギョロ。確かにじいじばあばのほうがどっちかって言うと英語っぽいよね。

***

+「どうして」娘。とうとう始まりました。何に対しても「どうして?」。「モール行こうか?」「どうして?」「ギョロの新しい靴買いたいじゃん?」「どうして新しい靴買うの?」「だってこの靴汚れちゃったじゃん?」「どうして?」「ギョロが汚したんじゃないの」「どうしてギョロ汚しちゃったの?」「知るか!」


***

今日は雨降りだからお気に入りのサンダルは履けないよ、と言うと、窓に走って行って、「こら、雨!お家帰って!ギョロのお家に来ない!」と雨をしかりつけるギョロ(笑)。怒鳴らなくても大丈夫、てるてるぼうずというものがあるのだよ。

***

冷凍になっているシュークリームをデザートに出しました。きちんと溶けて柔らかくなるまで待たずに、堅いまま食べるのが好きなのでそのまま出すと、「マミー、このシュークリーム、このシュークリーム、、、きつい!」。お、惜しい!

***

気が弱いので乱暴な男の子が苦手なギョロ。公園の入り口ですべり台のところにいる男の子を見つけると、ダディに「ダディ、I don’t like boyfriend!」と文句を言うギョロ。ギョロ語がいまいち分かっていない夫は文字通り受け取って大喜び(笑)。ギョロは他の子供達のことを「お友達」と呼ぶので、男の子と遊びたくない、という意味だったのですが、まぁダディを安心させるためにも彼氏要らないってことにしておきましょう。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 03:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

幼稚園補助

ギョロが土曜日に通う日本語幼稚園では、月に一度の割合で補助とい役割がまわってきて、補助当番の日は実際にクラスに入って先生のお手伝いをします。今日はその補助を初めて体験してきました。

幼子が2人もいるベテランママン(←ウソ)の私なので、けっこうなめてかかっていたのですが、、、いや〜これ本気で疲れ果てました。

何が疲れるって子供の数が多い(←当たり前)。とある子にかかりきっていて、ふと隣を見ると絵の具を体中に塗ってる子がいて驚いたり、その子の手をとりあえず洗わせようと席を立つと、後ろで泣き出す子供がいたり。

そして次にうちは2人とも女の子で、2人とも何気に聞き分けがよくて大人しいほうだと思うので、元気な子(特に男の子)の扱いが分からない。先生が本を読んでいるときにどうして言うことが聞けないんだ?どうして身体中に絵の具塗っちゃうんだ?っていうかどうして意味なく走るんだ?3歳児と言えばこういうのがあたりまえなのでしょうが、私はうちの子供たちに甘やかされているので、対応に困りました。

と、私はエネルギー配分も分からず、最後のほうは疲労困憊だったのですが、元気な子供達もきらきらな目や人懐っこさがとてもかわいかったし、何よりギョロのクラスでの様子が分かってよかった。親の私がびっくりするほどいい子に先生のいうことも聞いて、作業も真剣に取り組んでて、先生もボランティアの補助のお母さんも楽でしょう。ただあまりに大人しすぎて自己主張もまったくしないので、何だか私自身の子供時代を見ているようで、心苦しいのだけど。

こうやって実際クラスの様子を見れる機会、ありがたいですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月04日

ギョロ成長記録@3歳5ヶ月

相変わらず気分はファッションモデル。

gyoro_thai_matsuri.jpg

+相変わらずファッション命。夜寝る前に明日着て行く洋服(子供達がダディとお風呂に入ってる間、私が用意しておくのです)をチェックします。そして大抵ダメ出し。
+メークのおままごとが今月のマイブーム。カラフルなスプーンを取り出して、マミーの顔にアイシャドウやら口紅やら塗ってくれます。別バージョンで髪の毛もとかしてゴムでむすんで、とやってくれます。
+ご飯も大抵よく食べるので、たまの好き嫌いは私は特に気にせず無理やり食べさせません。ちなみにギョロがどうしても食べられないのが卵焼き以外の卵料理。
+団体行動が上手。土曜日の日本語幼稚園でも、平日のモンテソーリでも、先生のいうことにきちんと従って率先して活動に参加します。頼むから家でもそうしてください。
+きれい好き。「片付けて」と言わなくても、散らかってるのを見ると「あ、もじゃパックンくる!」とささっと片付けるし、ハッチのダイパーチェンジの後もささっと片付けるし、自分の脱いだ洗濯物も何も言わなくても片付けます。私の子供時代とは大違い。
+相変わらず空想娘。時々トイレに座ったままぼーっと空想してることもあります。
+ものすごい怖がり。怖いテレビ(っていうか全然怖くない)を見るとすぐ泣くし、一人で2階に行くのも怖がる。さむらい魂のかけらもない。
+普段私としか日本語を話さないので、口調がどうも大人。「マミー、今日はずっとお外だったから、疲れちゃったねぇ?」とか。ってか、大人っていうより、これ老人。

心優しい3歳児。



アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 02:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月10日

ギョロ成長記録@3歳4ヶ月

ファッションがその日の気分を左右するほどのオシャレさん。

gyoro_usirosugata.jpg>

+ファッションに対する興味と執着心がすごい!嫌いな服を着せられることを何よりも屈辱だと思っています。
+マミーのネイルやメイクにも興味津々。わき目もふらずに見つめて、「ギョロも大人になったらお化粧させてね?」と懇願します。
+ご飯も問題なく食べます。最近は以前より聞き分けがいいので、そう好きでないものでも「これ食べないとお出かけしないよ?」と脅すと、がっつきます。
+マミーがいると、誰の前でもシャイ。クラスに迎えに行っても一人もじもじしています。先生によると日中はいつもおしゃべりらしいんだけど。
+とても心優しくて、「あ、マミー悲しい。」と注意すると飛び上がって言うことを聞いてハグしてくれます。
+空想娘。いつもおままごとや絵本の世界に入り込んで独り言を言ってます。そのせいか集中力がない。もう悲しいくらいにマミーの血を引いてます。
+喜ぶとき、「きゃっ!」と言って本当に飛び上がります。漫画みたい(笑)。
+ハッチのおむつを捨てに行ったり、洗濯物を運んだりのお手伝いが大好き。逆にそれをマミーがささっとやってしまうとすごい怒る(疲)。

一緒にお買い物も楽しい3歳児♪


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。