2010年09月30日

ギョロ成長記録@3歳10ヶ月‏

Horrible Three と2ヶ月前の記録に書いたけど、なんだかおさまってきた感じ。

gyoro_hacchi_sofa.jpg

+ 狂ったような食欲とでも言いましょうか。いつでもお腹がすいていて、出されたものはぺろっと食べます。成長期まっしぐら。
+ ダンス好き。嵐のコンサートを観て(親子で)一緒に踊っています。バレエのレッスンも楽しんでいます。
+ 塗り絵やシールをはったりとか、ワークブックとか、コツコツする遊びが好き。まぁ、30分ともたないのですが、やってるあいだはすごい集中力。
+ 自分と波長の合うお友達(=マイペースでおとなしめ)と自然とつるむようになりました。平日の学校でも土曜日の日本語幼稚園でもそうで、そういう子を探し当てることができるようになったのは大きな進歩。
+ 大人みたいな会話をします。一緒に買い物なんか行くと、「マミーこれいいんじゃない?」なんて普通の友達みたいな感覚で会話が成立。
+ 日本語も英語もおそらく同じくらいのレベルでしょうが、話す人によって完璧に使いこなします。申し分ないバイリンガル。
+ ハッチとの競争心がすごい。どちらが一番になるかでいつも大喧嘩。できれば学校でも競争心みたいなものを持って、おもちゃを取られっぱなしなんてことがないようにして欲しいんだけど!

まだまだかわいい私のベイビー。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アンパンマンがやって来る!

とうとうこの日がきました。嬉しくて、横にいたハッチと手を取り合って喜びました。そう、アンパンマンがTVジャパンで10月から毎週放映されることになりました〜。

アンパンマン教を信仰する我が家。ギョロとハッチはしまじろうでも日本語は上達するけど、もっとパンチのきいた刺激はすべてアンパンマンから。アンパンマンを観るためだったら姉妹喧嘩も即効解決するほどの興奮ぶり。たまにギョロとハッチが英語で会話しようとすると、「二人で日本語話さないとアンパンマンの日本語分からなくなるから、もうアンパンマン見ないからね」と脅しをかけると即効直ります。あ、よい子のお母さんは真似しちゃだめですよ。子供を脅すなんてこれは悪い例でございます。

その私の心意気を知る両親はせっせとアンパンマンをDVDに焼き、時々送ってくれていたのですが、半年ほど前に地デジなるものを導入した実家。それ以来、焼いてもらったDVDがこちらで再生できなくなってしまったのです!がびーーーーん。

というわけで、しょうがないのでアマゾンで毎月のようにCDを買っていました。これがまた高い(泣)。痛い出費だけど、限られた時間で日本語力を維持するにはこのくらいの出費は、とがんばっていたのですが、それも終了♪だってだってテレビでアンパンマンが観れるんだもの。わーいわーい。毎週きっちり録画して何度も見せようっと。浮いた出費で嵐のDVDもう一本買っちゃおうっと。

何とかして子供たちには日本語を話し続けて欲しい。できれば読み書きもできて欲しい。そして何より日本人と一緒にいるのが心地よいと思って欲しい。そしてできれば日本人の旦那さんを連れてきて欲し、、、おっとっと。フルタイムで働いているとその夢は無謀にも思えるのですが、いけるところまでいきます。そのためにも日本語学習を続けるメリットを増やすためにも、アンテナをのばしていないといけませんね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 00:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

ハッチ成長記録@2歳1ヶ月‏

すごーくおしゃべりになりました。

+ お姉ちゃんの真似っこから始まった日本語ですが、順調に自分のものになりつつあります。ギョロのときはその月に学んだ語彙なんかを記録してたんだけど、全然追いつかないほど。
+ いつでも機嫌がいい。寝起きも笑顔で「おはよー!」とジャンプ。こういうのはパパ似。マミーは低血圧なのでね。
+食の好き嫌いが出てきました。最近は特に目新しいものがないと飽きて食べなかったり。とは言ってもまだまだ全然申し分ない食欲だけど。
+ トイレトレーニングは中断中(ママがめんどくさがって)。でも使い終わったダイパーは自分でゴミ箱に捨てに行きます。
+ 何事も心得てる次女。私が疲れてるときはちょっと注意しようとするときに限って、「マミー好き!」とハグしてきます。かなわないよこりゃ。
+ マミーから離れてお友達と遊べるようになり、プレイデートやパーティーがすごく楽になりました。こんな日が来るとは思ってなかった〜。
+ お姉ちゃんが使ってるものは自分も必ず使いたい。毎日の喧嘩の発端はここにあります。
+ お姉ちゃんに喧嘩を売る毎日。ギョロが歌い出すと、「ギョロ、歌上手じゃない!」と言い放ったり。ふぅ〜。

とろける笑顔の2歳児街道まっしぐら。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 次女ハッチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

ポットラック

先日の運動会のあとは近所の友達の家のポットラックに呼ばれてきました。

lake.jpg

運動会のあとのポットラック・・・。作らずに買っていってしまおうかと何度も悪魔のささやきがあったのですが、無事作りました。やっぱり自分がパーティーやるとしても作ってきてもらったらすごく嬉しいですからね。私は人の身になって考えられるオトナなので。てへ。

最近は何となくばたばたすることが多くて、週末にお友達を呼ぶことが減った我が家。近所に住むこのお友達数人を、特にギョロは兄弟姉妹のように慕っているので大喜び。母の存在など忘れ、ひたすらお友達と遊んでいました。ハッチも私のところへはほとんどやってこず一人で遊んでました。おかげで私は心置きなくビールなど。帰りはギョロちんはそれはそれは別れるのを嫌がって大号泣。ごめんよ。母ちゃんは(走ってもないくせに)運動会で疲れたよ。

テレビやDVDを日本語学習の動機づけにするのもありですが、やっぱり日本語で話せる友達がいるのが一番いいですよね。これからは忙しさにかまけず、もっとこういう機会を作らないとな。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月25日

運動会‏

日本語幼稚園の近くに小中高の日本語学校があるのですが、そこで運動会があるというので幼稚園のクラスメートと連れ立って出かけてきました。

undokai.jpg

めんどくさがりなので全然行く気ゼロだったんだけど、最近特にギョロと仲のよいクラスメートのママに誘われ、本人同士が行く気満々だったのでけっこうしぶしぶって感じで(笑)。でもこれが本当〜に行ってよかった!

思ったより盛大で日本の運動会って感じで懐かしかった〜。応援とか、保護者が敷物敷いてお弁当食べる図とか、放送とか、なんか日本にトリップした気分。私たちは午前中幼稚園が終わってから行ったので午後の応援合戦を見て、その後の未就学児の徒競走のみ参加。子供たちはお菓子めがけて全速力で走りました。。。と言いたいところですが、のんびり屋のギョロはとろとろ走ってびりっけつ。無事お菓子はもらえたけど、なんだか自分の子供時代に似すぎてて切ない。

ギョロは来年もまだ幼稚園なんだけど、その次の再来年から日本語学校の幼稚部に入学予定。入学したらこんなに盛大で本格的な運動会に参加できるんだと思うとすご〜く楽しみ!来年は夫とハッチも連れてこなくちゃ。

誘ってくれたお友達に大感謝ですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 23:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 長女ギョロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月23日

無縁な無駄遣い

私はお金には決してルーズではありませんが、節約とは無縁なタイプ。欲しいと思ったものは一応ちょっとは悩むけど、わりかし素早く決断して買います。だから毎月の出費を抑えるのはけっこう難しい。

でもね、助かっているのが、普段忙しいので買い物に行く暇があまりなく、よってお金を使わずに済むこと(笑)。今も欲しい化粧品もあるし、J.Crewで親子おそろいの服も買いたいし、Marshallsに行って宝探しをしたい気持ちもあるんだけど、なんせモールやMarshallsなんてのは必要に駆られて行く場所ではないので、優先順位が果てしなく下。

だって平日は夕方まで仕事して、急いでご飯作って食べさせてお風呂入れてって息つく暇もない。週末は土曜日は幼稚園で一日つぶれるし、日曜日はたまった家事と子供たちを外に連れ出したりして結局自分のためには時間は使えない。今みたく何か欲しいな〜と思ってても、結局買いに行く暇がなく、その欲しいもの自体を忘れてしまうことの繰り返し。なんて経済的。

たま〜にプロジェクトの合間に自宅待機があって、そのときはモールなんかにちょこまか行くのですが、そういう月の出費の多いこと多いこと。カードの明細見てぶったまげます。私が専業主婦になったら破産だと思うのはこういうとき。

まぁ、その分、たまにモールに行ったりするとありえない大人買いして(手に持ちきれないほど買う)、結局年単位では採算が合ってるのかもしれないですけどね〜。

忙しいのも悪いことばかりじゃありません。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 12:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 考えたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

育ち盛りギャングたちの食事情

我が家の子供たちはもともとよく食べるほうなのだけど、最近ギョロちんの食欲が半端ない!成長期を肌で実感しています。

thai_20100922.jpg

朝はシリアル2杯と果物大盛り。昼は学校の給食を残さず食べ。夜は自分の顔ほど大きいお皿てんこもりのご飯をぺろり。合間合間のスナックも忘れない。そしてついに先日は、学校で出る午後のスナックが足りないからバナナも持って行きたいとぬかす。しょうがないので、バナナに名前を書いて(←学校の決まり)持っていってます。夜ものんびり屋のギョロは食べるのが遅いのだけど、かなりマイペースでいつまでも食べていて、「お腹いっぱいなのかな〜」と見ながら洗い物をしていて、ふと気づくとしっかり完食。そのあとで「今日はケーキもあるの?」とデザートまで催促。。。

ハッチももともとよく食べますが、短期決戦型。がつがつと口につめこんで、いきなりお腹いっぱいになって、いすから飛び降りるパターン。朝から食欲旺盛で、家でシリアルを食べていくのに、デイケアで出るパンケーキもしっかり食べるそうです。家から果物も持っていくしね。

私は子供のころは食が細くて、給食を残さず食べるのが拷問だったのを覚えているのですが、ギョロとハッチは給食を毎日楽しみにするタイプなんだろうな。あ、でも確かアメリカはカフェテリアで好きなものを買うシステムなんだよね。となると不安が残るので、お弁当持たせるかな。

お弁当と言えば、土曜日の日本語幼稚園にはお弁当を持たせるのですが、これがなかなか楽しい。まぁ、日本のお母さんたちのようにキャラ弁は無理だけど、金曜日の夜に今週も仕事を無事終えてほっとしながら、ギョロとハッチの喜ぶ顔を思い浮かべながら作るのは私の大切な時間。ギョロもハッチもご飯よりもおかずを好むので、おかずを多めに。おかずと言っても日本や韓国の冷凍食品や玉子焼き(でもギョロは玉子を食べないのでハッチと夫@卵焼きラブの分だけ)や気が向いたときにまとめて作っておくミートボールくらいかな。あと最近よくお友達から果物を失敬しているのを見かけるので、今週から小さいタッパに果物も持参させる予定。おかずは夜のうちに詰めて冷蔵庫に入れとき、おにぎりだけ朝作って入れます。お弁当は作りたてのほうが美味しいから、と早起きして全部作るママ友もいますが、私は無理しない主義。てへ。

食事の支度は結婚前はめんどくさいと思っていたのですが、そしてそれは時に正しいのですが、やっぱり喜んで食べてくれる人がいるので思ってたよりずっと楽しいです。決して器用ではない私の料理を子供たちは競うように食べてくれて、夫は気に入るとお代わりまでしてくれて、それだけで報われるっつーもんですね。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:22| Comment(0) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月20日

オファーその後

先日とある会社からオファーをもらったことを書きましたが、それから数日じっくりと悩みました。それぞれにいいところ悪いところがあって、なかなか難しい選択でした。

park_n_lake.jpg

まずそれぞれのいいとこ

今の会社
大きな会社で、それなりに責任のある仕事なので、履歴書が映える。
自宅から働かせてもらえる。

オファーをくれた会社
給料が今よりも格段にアップ。
現場で働けるので、今みたく孤立せずに済む。

そして長所あれば欠点もあり。

今の会社
給料が安すぎ。meaningful な昇給がしばらくない。
仕事量が多く、よくないマネージメントの元で理不尽に使われ過ぎ。
現場にいないので、孤立するし、いろいろ不便

オファーをくれた会社
最初にエンゲージするプロジェクトの場所が遠い。混雑のため片道1時間半はかかる。
会社がサイズ的に小さいし、使うテクノロジーも規模が小さめなので、今ほどマーケタブルでいられないかも。

ザ 究極の選択!それぞれにいいとこ悪いとこがかなり重要なところをついていて、選ぶのが大変でした。今の会社を近いうち去りたいというのは変わらないんだけど、今回の会社がその転職先でいいのかどうか。そう、決め手は通勤でした。

夫もたまたま再来週から新しいプロジェクトに参加することになり、その片道1時間以上の通勤をすることになったのです。プロジェクトの始めのほうというのは家から働いたりとかフレキシブルなことがあまりできないので、二人とも朝早く出て夜7時過ぎに戻る生活。そうすると子供たちの送迎がお互いコーディネートできません。相変わらずタイミングの悪い夫。もうこういうのには慣れっこなので、またかって感じです。

というわけで今の会社に残ります。でも9月は転職シーズン。これからもちょこちょこ履歴書は送り続けるつもりです。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

ギョロとハッチの喧嘩

どうして兄弟姉妹ってのはくだらな〜いことで喧嘩するのでしょうか。私も妹と喧嘩したことは覚えてるのですが、内容は全然覚えてなくて(たぶんそれは私がいつもしかける側で喧嘩のあとはさっぱりしてたから)、だからこそギョロとハッチが毎日喧嘩すると笑えることも多々あるけど、いい加減にしろ!って思ってしまいます。

gyoro_hacchi_icecream.jpg

ハッチ:「ギョロくさい!」
ギョロ:「くさくない!トイレでぴっぴするもん!ハッチくさい!」
ハッチ:「くさくない!ハッチもトイレでぴっぴするもん!」
ギョロ:「しないじゃん!」

そして叩き合い。もう〜、どっちがくさくてもいいってば。くだらない。

ハッチ:「マミー見て?ま(馬)!」
ギョロ:「ま、じゃない。う•ま!」
ハッチ:「ま、しょ(馬でしょ)!」

そして叩き合い。これは笑える。でも叩くのはやめなさい。

ハッチ:「さくばんぼ(さくらんぼ)食べる!」
ギョロ:「さくばんぼって言わない!」

そして叩き合い。もう分かったら。言い間違いはいちいち直さない!

ギョロ:「走り出せ〜、走り出せ〜♪」(←嵐)
母:「上手〜!!ぱちぱち!」
ハッチ:「ギョロ、上手じゃない!おしりだせ〜♪」(と自分も同じ歌を歌いだす)
ギョロ:「お尻じゃない!」

そして叩き合い。これも爆笑だけど。ビデオも録っちゃったけど。

こんな喧嘩ばかりの毎日。外では大人しくて意地悪されてもされっぱなしなのに、家ではどうしてこんなにお互いに対して攻撃的なんでしょうか。いや〜私もそういう子供だったんですけどね。どうしてそうだったのか?と聞かれるとはっきりは説明できないのだけど、これができたら子供たちの喧嘩も諭せるようになり、減るのでしょうか。それともこれ普通なんですかねぇ〜。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 00:13| Comment(3) | TrackBack(0) | ファミリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

面接のカギ‏

先週面接を受けた会社にオファーをもらいました。

今の仕事が忙しいのでなかなか転職活動に時間はかけられないのですが、合間合間でちょこまか履歴書を送っていました。だいたい半年に一度くらいのペースでひっかかった会社と電話面接をして最終まで行く感じなのですが、実際最終面接はなかなか通らない私。だからこそ練習の意味でさほど興味のない会社でも面接に呼ばれたら、有休を使って出かけていました。面接って本当に慣れとコツなので(最終通らない私が言うのも何だけど)、数こなすのが一番。

今は日本も変わってるのかもしれないけど、私が日本にいた頃に受けたOLのための面接なんて聞かれたことにどうそつなく答えるかが面接のカギでした。もちろんアメリカだってある程度はそうなんだけど、それだけじゃいけないんですよね。私はその辺の考えが甘くて、今まで電話面接はそこそこうまくいくんだけど、最終で必ず落とされていました。そこで「やれやれ」と身を乗り出してきたのが夫。

夫@面接の達人(勝手に命名)によると、私は聞かれた質問にただ答えるだけで、「え、この質問ってどう?」って思うような質問に対しても大人しく何とか答えてそこで黙り込むような姿勢なのですが、こういうのはよくないと。「それはそうだけど、こういう考えもあるよね。」って会話に発展させないといけないと言われました。面接は向こうがこっちを選ぶ時間と思うとかしこまるけど、ただ普通に会話をして意見を交換して、お互い需要と供給とフィーリングのバランスが合ったらオファーに結びつくんですよね。頭では分かってるんですけどね、それを改めて近い存在の人(=夫)に指摘されると、ちょっと、いやかなりむかっとするのですが。

で、今回の面接は夫に言われたことをずっと念頭に置いて会話をしました。そうすると会話もはずむはずむ。なんだこうすりゃよかったのか。まぁ、今回の面接は特別甘いな〜と思ったし、もし私が働くことになったらまず最初にこの面接の仕方から改革しようと思ったほどだったんですけど(笑)、それでも夫のアドバイスはどんぴしゃでした。悔しいけど。英語が未だに苦手だから〜、なんて言い訳してたけど、私くらいのレベルのポジションだったら意見をさっぱりと伝えられたら十分なので、要は中身でした。

さて、どうしようかな〜という悩みはまた次回書きます。


アメリカ生活のランキングに参加しています♪  
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
posted by たもも(月) at 04:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。